日本初!宿泊の窓口が東京浅草にOPEN決定!!インバウンド業界に革命か!?

日本初!宿泊の窓口が東京浅草にOPEN決定!!インバウンド業界に革命か!?

[トーキョーサンマルナナ株式会社]

ホテル、旅館、簡易宿所、民泊など増え続けるインバウンド観光客の『宿泊』に特化した、日本初のサービス窓口がいよいよスタート!!

日本初!宿泊の窓口
日本初!宿泊の窓口

トーキョーサンマルナナ株式会社(本社:世田谷区 代表取締役:八坂太洋)は成長著しいインバウンド業界に更なる革命を起こすべく、インバウンド観光客の『宿泊』に特化した、あらゆる宿泊運営者のための日本初の新しいサービスとして、『宿泊の窓口』(名称:カミナリ ラウンジ)を 2017年7月1日より東京は下町浅草にてOPENすることを発表致します。

■『宿泊の窓口』(カミナリ ラウンジ)とは・・・

昨年過去最高の2,000万人を突破したインバウンド観光客は、今後もっと増え続けていくと言われており、政府が掲げるインバウンド観光客数年間4,000万人に向けて着実に階段を登っています。その経済効果は非常に大きく、インバウンド業界に携わる企業は軒並み業績が向上しています。一方で、『宿泊』に関しては宿泊施設不足などもあり、ホテルや旅館などの法人以外にもairbnbなどのサービスを主とした民泊も近年急成長を遂げており、個人も含めての業界となりつつあります。そこで今後も急速に変化と拡大をしていくであろうインバウンド観光客の「宿泊」に特化した日本 初のサービスとして、あらゆる宿泊運営者のための相談窓口「宿泊の窓口」(カミナリ ラウンジ)を東京浅草にOPENすることに致しました。実際に既に宿泊施設(ホテル、旅館、簡易宿所、民泊)を運営されている運営者や、今後同業界に 参入を検討している個人法人に対し、「誰に、いくらで、どのように」宿泊施設を販売すれば良いのかについて相談可能な、宿泊施設運営者の為の窓口となっています。大手旅行予約サイト出身のコンサルタントが常駐し、相談者の施設状況などをヒアリングしたうえで無償にて相談サポートを行います。日本初のハイクオリティーなサービスを無償にて提供することにより、インバウンド観光客を取り込みたい宿泊施設業界に革命を起こします。

外国人旅行者に絶大な支持をうける忍者!
外国人旅行者に絶大な支持をうける忍者!
近年よりユニークな体験を求めたコスプレ需要は後を耐えない
近年よりユニークな体験を求めたコスプレ需要は後を耐えない

■「モノ消費」から「コト消費」へ・・・

日本を訪れるインバウンド観光客は、日本人旅行者とは異なり、より長期で旅行する故に、ガイドブックには載っていないようなディープスポットや、そこの地でしか体験できないユニークなアクティビティーを求めている。近年の爆買いもピークは過ぎ、今後益々モノを購入する「モノ消費」から、体験を購入する「コト消費」へとその傾向は変化していきます。「宿泊の窓口」(カミナリ ラウンジ)では、そこにも着目することで、地域などに特化したインバウンド観光客向けのユニークなアクティビティなどの取扱も開始します。両替や荷物預かりといった既存のサービスの他、新規のサービスのテストマーケティングの場としても使うことで、他にはない魅力でインバウンド観光客に訴求します。東京の観光の目玉でもある浅草を拠点に展開することで、実際にインバウンド観光客も足を運ぶ場としてプランニングし、推測ではない本当に彼らインバウンド観光客が求めている「日本旅行」の在り方が見えてくるはずです。

今後随時サービス拡充更新していく予定です。インバウンド観光客向けのサービスをお持ちの事業者様、インバウンド観光客向けの広告広報、マーケティングなどにご興味のある事業者様は是非ご連絡ください。

■会社概要

  • 商号:トーキョーサンマルナナ株式会社
  • 所在地 :〒154-0011 東京都世田谷区上馬 2-38-7-702
  • 代表取締役:八坂 太洋
  • 会社 HP :http://tokyo307inc.com/

■ニュースリリースに関するお問い合わせ先

・お問い合わせ先:トーキョーサンマルナナ株式会社
⇒広報担当:矢野 070-5519-6806 メールアドレス:tomoyuki.yano@tokyo307inc.com
ご質問ご要望等御座いましたら上記の広報担当連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

■トーキョーサンマルナナ株式会社とは

私たちのミッションは、『インバウンド領域においてテクノロジーを駆使し、日本初のサービスを展開する』ことです。弊社は 2014 年に設立された三軒茶屋に本社を置くITベンチャー企業です。
成⻑著しいインバウンド領域において、誰も成し遂げたことがないことに挑戦することをビジョンに、楽天やamazonなど多岐にわたるWEBサービスを牽引する企業出身者で設立致しました。同業界でも他に類を見ない、リアルとWEB といったオンライン・オフラインの両面を持つ企業として、日本のインバウンド業界の更なる発展を通じて社会貢献を行っています。

◎オンライン事業 ①日本最大の⺠泊情報メディア「TOMARUYO」 ②唯一無二のインバウンド向けコンシェルジュデバイス事業

◎オフライン事業 ①日本最大の⺠泊イベント「⺠泊EXPOプレミアム」 ②インバウンド業界の新たな情報発信地『カミナリ ラウンジ』

民泊についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

民泊の運用について詳しい資料を見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

"たった1日で今後の民泊の攻略法がわかる日本唯一の民泊イべント"民泊EXPOプレミアム2017開催レポート

先日4月23日、年に1度の民泊の祭典「民泊EXPOプレミアム2017」が民泊特区として民泊最前線である東京・大田区で開催されました。今年の開催は昨年の民泊市場のもりあがり、さらに民泊新法の閣議決定を受けてか来場者数も増加し1000人となりました。その「民泊EXPOプレミアム2017」の開催の様子をレポートします。民泊EXPOプレミアム2017 「民泊EXPOプレミアム2017」とは「民泊EXPOプレミアム2017」とは、たった1日で今後の民泊の攻略法がわかる日本唯...

Favicon訪日ラボ

 

コト消費とは? 訪日外国人の消費行動がサービスや体験に移行

コト消費とはインバウンドにおける「コト消費」とは、訪日外国人観光客が旅館やホテルなどでの宿泊、観光地やアクティビティーでの体験など、経験・体験に対して価値を見出す消費行動のことをいいます。インバウンド業界のみならず、一般のニュースにおいても、訪日中国人観光客の「爆買い」というキーワードが騒がせていましたが、為替相場が元安円高傾向にふれるにつれ、訪日中国人観光客の買い物消費額が減少し、より日本らしい観光などの「体験」を求めるようにシフトしてきています。「コト消費」はいつから使われ...

Favicon訪日ラボ

 

訪日中国人の次のトレンドは「見る」:ここまでコト消費が進んでたか…SNSでの投稿量「見る」は「買う」の25倍に!

訪日中国人観光客の高額商品類における「爆買い」が収束し始めてからもうすぐ1年が経とうとしています。訪日中国人観光客も含め、インバウンド全体が如実に「コト消費」にシフトしつつあることを示すデータが、最近続々と発表されています。[blogcardurl=https://honichi.com/12263]先日、東京海上日動火災保険株式会社は、インバウンドのビッグデータを活用した分析として、TwitterおよびWeiboでの投稿を分析した調査レポートを発表しました。<関連>...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!