1人で125万円を沖縄で消費/豪州人観光客は地方インバウンド救世主か キーワードは「富裕層・シルバー世代・地方滞在」

1人で125万円を沖縄で消費/豪州人観光客は地方インバウンド救世主か キーワードは「富裕層・シルバー世代・地方滞在」

国土交通省観光庁が発表している訪日外国人消費動向調査2018年4-6月期(1次速報)が発表され、訪日観光における訪日オーストラリア人の貢献度の高さが指摘されています。訪日オーストラリア人の日本での1人当たり旅行支出前年度比+24.4%世界一の伸び率を示し、訪日外国人1人当たり旅行支出についても「国籍・地域別にみると、オーストラリア(26万4千円)、スペイン(24万4千円)、英国(21万9千円)の順で高い。」とされています。

オーストラリアといえばコアラやカンガルーのイメージが強く、日本人観光客が多く訪れる人気観光地です。そんな観光大国オーストラリアから、訪日オーストラリア人は日本のどんなところに魅力を感じて訪れているのか探ってみましょう。

データでわかる訪日オーストラリア人

とにかく好調な豪州市場:訪日客数は5年間で倍増&1人あたりの旅行支出も増加中!20代のオーストラリア人に訪日旅行は人気!3人に1人が20代の若者オーストラリア人は滞在環境にこだわる!?宿泊費だけで約10万円を出費する傾向に

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日外国人消費動向調査・2018年4-6月期(1次速報)に見る「訪日オーストラリア人」のデータ

訪日外国人消費動向調査2018年4-6月期(1次速報)によると、訪日オーストラリア人のインバウンド業界への貢献度の高さは顕著です。訪日外国人1人当たり旅行支出については「国籍・地域別」でオーストラリア(26万4千円)が一位で、前年度比+24.4%世界一の伸び率です。

国籍・地域別にみる訪日外国人1人当たり費目別旅行支出 2018年4-6月期(1次速報)観光庁

国籍・地域別にみる訪日外国人1人当たり費目別旅行支出 2018年4-6月期(1次速報)観光庁

宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、特にオーストラリア(10万7千円)が高い娯楽等サービス費もオーストラリア(1万3千円)が最も高く(略)」と記され、2018年4-6月期の訪日観光における「宿泊とコト消費」における訪日オーストラリア人の貢献度の高さが指摘されています。

訪日オーストラリア人の特徴は「若者・家族連れ」が多いこと

訪日オーストラリア人の旅の特徴を米国やカナダといった英語圏で文化の近い国と比べると「観光・レジャー目的」での滞在が多く、「家族連れ」「カップル」**での訪日が多いことがわかります。

地理的に日本と近くフライト時間が比較的短いこともあり、家族旅行の目的地として日本が定着してきている可能性が考えられます。

訪日オーストラリア人は家族&カップルで観光・レジャー目的の訪日が多い 2018年4-6月期(1次速報)観光庁データより抜粋

訪日オーストラリア人は家族&カップルで観光・レジャー目的の訪日が多い 2018年4-6月期(1次速報)観光庁データより抜粋

豪州人の6割以上が「旅行に行く」ことを決めてから「どこに行く」を決める&5割以上がインターネットの情報を参考にする⇒訪日豪州人を誘致するなら旅行シーズン前にWEB上でPRすべし!オーストラリア人の旅行情報収集方法とは④

2016年の訪日オーストラリア人観光客数は445,200人となりました。これは、前年比18.4%増にあたり、2012年が206,404人でしたので、オーストラリア市場のインバウンド需要は4年前の約2.16倍まで成長したことになります。また、2016年インバウンド消費はオーストラリア市場総額で約1,099億円。訪日オーストラリア人1人当たり旅行支出で見ると、全国籍平均155,896円に対し58.35%高い246,866円となっており、訪日旅行における消費意欲や消費力は、平均と...

オーストラリア人はシルバー世代も訪日意欲が衰えず、都市部には富裕層も多い

米国・カナダと比べて他にも顕著なのが、中高年になっても訪日者割合が比較的多いことです。若者だけでなくシルバー世代も訪日旅行にやってくることがわかります。

オーストラリアはシルバー世代の訪日も衰えない 2018年4-6月期(1次速報)観光庁データより抜粋

オーストラリアはシルバー世代の訪日も衰えない 2018年4-6月期(1次速報)観光庁データより抜粋

オーストラリアの都市部であるメルボルンシドニーには、「世界で住みたい街ランキング」に上位でランクされるような世界的な富裕層が好む住環境があり、経済的に余裕のある富裕層も多数います

都市部のオーストラリア人はグルメやフィットネス好きなことでも知られており、富裕層向けには文化観光ガストロノミー観光ウェルネス観光を組み合わせた富裕層向けのプランを用意していくことが必要でしょう。

世界の観光産業収益の15.6%を生み出す「ウェルネスツーリズム」…日本インバウンド市場では「日本食・温泉」がキーワードか

2020年までに4,000万人の訪日外国人観光客誘致を目指す日本のインバウンド業界。国内ではアニメや漫画など日本のソフトパワーコンテンツを活かした「アニメツーリズム」、スポーツと観光を組み合わせた「スポーツツーリズム」など日本が持つインバウンド向け観光資源を活用したツーリズムが話題になっています。[blogcardurl=https://honichi.com/news/2017/08/21/cospretourismmatome/][blogcardurl=https:...

富裕層インバウンド 地方にどうやって呼び込む?ポイントは「高品質」と「ガストロノミー」:有名DMO雪国観光圏から学ぶ富裕層インバウンドの集め方

訪日外国人観光客の急激な増加を理由に、魅力的な観光地域づくりを推進し地域の「稼ぐ力」を引き出す組織であるDMOの必要性は年々大きなものになってきています。DMOは、広域連携DMO、地域連携DMO、地域DMOの3種類に分けることができ、日本国内には現在、計123のDMOが存在しています。全国のDMOでは地域に訪日外国人観光客を呼び込むためにどのような取り組みを行っているのでしょうか。新潟県・群馬県・長野県の3県にまたがる地域連携DMOである一般社団法人雪国観光圏の取り組みに関してご紹...

沖縄・那覇空港の「あるオーストラリア人の突出した支出額」はバカンス需要か?

今回の発表されたデータで突出した支出額がみられたのが、「表3-1 国籍・地域(21区分)別・1人1回当たり旅行消費単価」における、那覇空港での1人当たり消費単価です。

回答数=1「125万1792円」という高額でした。使途については不明ですが、おそらく1名もしくは1家族で消費した金額ということだけはわかります。オーストラリア富裕層が沖縄を訪れたということでしょう。

沖縄におけるオーストラリア人の行動パターンはレンタカーを借りて島内を巡ったり、ビーチでのリゾートステイを満喫したりと、ゴールデンルートとは全く異なる楽しみ方をエンジョイしていることがSNS投稿などからわかっています。

この8月にオープンしたハイアット瀬良垣などのラグジュアリーホテルの開業もこの流れを後押しするかもしれません。ニセコに次ぎ、沖縄もオーストラリア人のお気に入りの旅行先になる可能性があります

北海道ニセコが10万人以上の訪日客誘致に成功した2つの理由とは?ポイントは「外国人目線のおもてなし」と「観光協会の構造改革」:有名DMOから

訪日外国人観光客の地方誘致は地方創生の切り札として近年注目されています。国内の観光協会や自治体・DMOなどは観光地の知名度向上を目的とした海外PRやインバウンド対策を実施しています。インバウンド対策といっても外国語対応からインバウンド向け決済手段の拡充、インフルエンサーの活用、SNSの活用など多岐にわたりますが、インバウンド誘致に成功している地域ではどのような取り組みを行っているのでしょうか。 スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツを満喫できるリゾート地として有名な北海道ニセコ町の事...

【観光公害】急増するレンタカー利用訪日客の交通事故 物損の賠償を拒否するケースも…その背景とこれからの対策とは?

日本を訪れる訪日外国人観光客の旅行トレンドは、近年モノ消費からコト消費へとシフトしており、観光庁が発表している「訪日外国人消費動向調査」を見ても団体ツアーから個人旅行パッケージへとシフトしていることが伺えます。こうした流れを受けて、近年レンタカーを訪日観光で使用する外国人が増加しています。しかし外国人観光客のドライバーの増加と共に事故も急増。慣れない道での前方不注意、操作ミスなどによる事故が増えています。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウ...

まとめ:オーストラリア人の訪日観光数はまだまだ伸びる。インバウンド業界として注目するべき富裕層も多い

日本の観光業界はオーストラリアで訪日観光マーケティングを展開してきました。その結果が現在のインバウンド業界に出始めているように思われます。

5万人以上を動員 豪州・シドニーで開催 日本企業も多数参戦する日本好きオーストラリア人のためのイベント「Matsuri

日本に興味がある、または日本が好きなオーストラリア人が集まるイベント、Matsuri-Japan Festival-がオーストラリア・シドニーで2017年12月9日に開催されました。このイベントは日本文化の紹介と日豪両国民の親睦と交流を図る参加型イベントとして、毎年開催されています。2006年に始まったMatsuri-Japan Festival-ですが、年々来場者が増えており、今年は2016年の来場者3万人を大きく上回る、5万5千人を動員しました。イベントの様子や出店していた企業・自治体...

南半球に位置するオーストラリア人にとって調査対象となった4-6月期は「秋」です。日本で桜や新緑の「春」を体験することは季節が真逆であるという経験が出来るため、これも魅力の一つとなっている可能性があります。

訪日オーストラリア人は人懐こい気取らない国民性と言われ、アクティビティ好きの若者や家族連れの旅行者が訪日観光の主力です。日本に旅行する意欲の高いシルバー世代もいます。都市部には洗練された趣味を持つ富裕層がおり、ニセコでしょう実証されたように、特色ある地方のアクティビティにより取り込みが可能です。

オーストラリア人の訪日数は他国と比較してまだそれほど多くないため、まだまだ伸びしろがあり、施策次第で様々な展開が可能でしょう。

飲食店のための国籍別インバウンド対策・おもてなしポイント:訪日豪州人観光客編

日本人にとっても観光地、ワーキングホリデーの行き先などとして馴染みの深いオーストラリアですが、日本政府観光局(JNTO)の情報によると、2016年に日本を訪れた訪日豪州人観光客の数は445,200人でした。2014年から2015年にかけて24.3%の伸びを、そして2015年から2016年にかけて18.4%の伸びを見せています。それでは訪日豪州人観光客をおもてなしする上で、飲食店が気をつけるべきポイントはどのようなものなのでしょうか? オーストラリア人の食事に対する考え方...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!