JR西日本ホテルズ、全ホテルに「Alipay」と「WeChat Pay」導入完了

JR西日本ホテルズ、全ホテルに「Alipay」と「WeChat Pay」導入完了

増加するインバウンドの利便性を向上

JR西日本ホテルズの全8ホテルでは、3月1日より、スマートフォンを用いた新たなキャッシュレス決済サービス「Alipay」「WeChat Pay」の利用ができるようになりました。

「Alipay」「WeChat Pay」導入完了

「Alipay」「WeChat Pay」導入完了

キャッシュレス化を積極的に推進

JR西日本ホテルズがキャッシュレス決済を導入する背景には、まず、同社ホテルを利用するインバウンドの増加が挙げられます。

なかでも、インバウンドに占める中国からのゲストの割合については、JR西日本ホテルズ8社合計で2013年度は8.2%。しかし、2018年度(1月31日時点)は、15.4%にまで増加しています。

また、今年1月には、日本政府が中国人観光客に対する訪日観光ビザ発給要件を緩和。今後ますます訪日中国人観光客の増加が見込まれます。

経済産業省によれば、中国のキャッシュレス決済比率は60.0%、韓国では89.1%。日本は18.4%と低水準であることから、政府では2027年までに40%にまで引き上げたい考えです。

JR西日本ホテルズでは、キャッシュレス化を推進することで、インバウンドの受け入れ強化を図るとともに、ゲストの満足度向上を目指します。

なお、国内のキャッシュレス決済サービス「LINE Pay」、「PayPay」については、3月1日以降、順次導入をしていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR西日本ホテルズ プレスリリース
http://www.westjr.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。