日本企業にも商機あり「独身の日」の動向について紹介

毎年11月11日になると、中国では「独身の日」として、ECサイトなどのネットショピングを利用してセール品などを買い物する一大イベントが開催されています。

独身の日」とは、数字の「1」が並ぶことから、独身者同士で集まりパーティーを開催したり、結婚相手を探したりする風習がある日のことです。

中国のアリババグループが、この独身の日に注目し、ECサイト「淘宝網」にてイベントを開催したところ、大きな売上を記録したため、「独身の日」がセールイベントとして認知されるようになりました。

本記事では、2020年の中国における「独身の日」の様子と、日本企業の対策について、「独身の日」の問題点も含めて解説します。

関連記事:独身の日とは?日本商品も5年連続輸入1位、10日で12兆円の流通取引総額というセールの実態

独身の日、経済効果は?

2020年11月12日にアリババによって発表されたプレスリリースによると、中国では独身の日のGMV(流通取引総額)が7兆円、さらに2番目に売り上げが大きかった京東(ジンドン)も合わせると、12兆円に達したということです。

新型コロナウイルスの影響により、旅行などの娯楽費が浮いた資金がECサイトに集中したことが原因の1つです。

関連記事
取引総額7兆円超え、過去最高に 中国「独身の日」日本ブランド人気最多、「ライブコマース」も加熱
今年も中国「独身の日」が到来!2020年の記録に注目

2020年独身の日全体の経済効果

独身の日のセールは、例年では11月11日のみの開催ですが、2020年は11月11日のセールに加え、前段階として11月1日から3日の合計4日間にわたって開催されました。

セール期間拡大の影響もあり、アリババでは2019年のGMV(流通取引総額)4兆円から、2020年には約7兆円にまで市場規模が成長しています。

アリババGMV推移(訪日ラボ作成)
▲アリババGMV推移(プレスリリースを基に訪日ラボ作成)

流通取扱高1億元(約15.5億円)超えの業者多数

アリババの同プレスリリースで店舗別にみると取扱高が1億元(15.5億円)を超える店舗が470以上あり、前年比約1.6倍を記録しました。

さらに、2020年では過去最大となる25万以上のブランドが参加しており、その中の3万1,000以上の海外ブランドが中国向け越境ECを通じて参入しています。合計8億人以上の消費者が利用するほど注目されています。

独身の日では越境ECを利用した日本商品も人気

アリババの同プレスリリースによると、中国向け越境ECにおける国・地域別のGMV(流通取引総額)ランキングにおいて、日本が2016年から5年連続で1位を獲得しました。ここでは、独身の日における日本商品について解説します。

輸入商品では日本製品1位

越境ECで購入されたランキングにおいて、日本が5年連続1位を獲得しています。

その理由として越境ECの輸送スピードが向上したことが挙げられます。越境ECの荷物における50%以上が例年の2倍以上のスピードで消費者に配達されています。

日本商品売り上げランキング

日本商品売り上げランキングでは、上位20社のうち、日本企業は5社ランクインしています。1位ヤーマン(美容電化製品)、4位花王、5位資生堂がランクインしていることから、美容に関連した日本ブランドの人気が高いことわかります。

また、売上高が10億元(約169億円)を超えた部門の中には、アパレル企業の「ユニクロ」や、「SK-II」「資生堂」の化粧品ブランドも含まれています。

なぜ日本商品が人気なのか?戦略について

独身の日で日本商品が人気である理由として各ブランドが独自の戦略を展開していることが挙げられます。

資生堂では、ライブコマースで商品を宣伝する際にインフルエンサーではなく、社員など商品に詳しい方が担当することで、プロモーションに力を入れています。

ヤンマーでは、KOLを登用したライブコマースによる効果が大きいでしょう。

Weiboフォロワー数が1,487万人以上のスーパーKOLである薇娅(VIYA)を起用した美顔器のライブコマースでは、約25秒間の宣伝で在庫が完売するほどの効果がありました。花王では、クーポン券の配布や、まとめ買いを促す企画などの施策を実施しています。

関連記事
「インフルエンサー」とは?意味と種類からマーケティングの注意点まで解説
ライブコマースとは?意味や特徴、代表的サービスを解説

独身の日、日本企業の悪影響も

独身の日は日本の製品が多く売れるイベントですが、悪影響が及んでいる企業もあります。ここでは、中国の政治事情や投資状況を踏まえ、どのような悪影響を受けたのかを紹介します。

独身の日への圧力が中国政府から強まる

独身の日で生まれた巨大な利益に中国政府が注目しており、アリババや他の企業による影響力を抑制するのではないかという見方が広まっています。

そのため、来年以降の先行きが見通せないことが懸念として挙げられます。

投資競争の加速

インフルエンサーKOLを起用すると、契約料や歩合が高額になりやすいため、企業の資本力による投資競争が加速しています。

また、インフルエンサーマーケティングの代理業者に依頼すると、その費用もかかります。よって、中国の越境ECに日本商品を展開させるためには、マーケティングとプロモーション、両方のコストが大きくなりやすい傾向があります。

初期段階から大きな予算を投資するのではなく、フォロワー数が1万人〜10万人以下で特定の分野で強い影響力を持つマイクロインフルエンサーを起用することも解決策として1つの手法といえます。

マイクロインフルエンサーの場合は、依頼料が高額になりやすいインフルエンサーを起用するよりも、費用がおさえられることがメリットです。

関連記事
マイクロインフルエンサーとは?低費用かつ効果的な起用のメリット・依頼方法・活用事例を解説

粗悪に扱われる商品、模造品も

人気商品が模造されて、値段が不自然に低い商品が出回り、もともとの商品価値が下がることが起きています。さらに、輸送する途中で乱雑に扱われて、手元に届いたときには壊れており消費者から苦情が出ることもあります。

輸送スピードが短縮されたとはいえ、まだ時間とコストがかかることが懸念されています。そもそも、中国のショッピングモールに出店することも簡単ではなく、ショッピングモールの運営側も売れる見込みが少ない日本商品をなかなか出品しないことも懸念事項として挙げられます。

具体的には、中国のショッピングモールは審査や手続きで、出店を希望する日本企業に「年間売上見込み」の提出や、「初期投入商品」をショッピングモール側の意向に沿わなければなりません。

関連記事
中国越境ECで成功するために 主要ECサイト、市場規模、プロモーション方法を解説
越境ECの人気プラットフォームを比較、海外に日本のモノを効率的に販売するには

独身の日、日本企業にも商機あり|適切な対策を

独身の日で開催されるイベントによって、中国企業だけでなく日本企業も大きく売上を伸ばしています。

インフルエンサーKOLを起用することで、さらに売上の増加が見込めますが、依頼料が高額になりやすいことがデメリットです。なお、マイクロインフルエンサーを起用するなどの適切な対策により、販売効率を上げることは可能でしょう。

独身の日は大きな利益を企業に生み出しているため、中国政府の監視強化が気がかりですが、企業が収益を上げる大きなチャンスであることは間違いありません。来年の動向にも注目しましょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>
アリババGlobal BtoB
アリババアリババグループ、天猫ダブルイレブンで過去最高の流通総額7兆円超を達成
PR TIMES:中国「独身の日」 Tmall美顔器カテゴリ※1における販売実績で5年連続1位

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!