万博控えた関西 台湾市場も盛り上がるか【台湾市場のインバウンドプロモーション最前線vol.4】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

先日開催された台湾最大の国際旅行博「ITF(台北国際旅行博)」での取材内容をもとに、台湾市場の最新状況や、各社・自治体のプロモーションの動きなどをお届けする「台湾市場のインバウンドプロモーション最前線」。

第四弾の今回は、万博を控えインバウンドが盛り上がる「関西周辺エリア」の担当者の方々に伺った、台湾市場に関するインタビューをご紹介します。

無料レポート配布中!外国人が殺到する渋谷の飲食店をチェック


万博控えた関西 台湾市場も盛り上がるか

元々関西国際空港への直行便も多く、成田・羽田空港からゴールデンルートなどを通っての流入もあり、インバウンドが栄えている地域である関西。

今回は、2025年の万博開催へ向け、ますます盛り上がる関西周辺エリアの担当者の方々に、台湾市場への期待感を伺いました。

近鉄グループホールディングス株式会社 台北支社 副理 吉岡嵩太さん

台湾の方に近鉄を知ってもらうため、継続して出展しています。コロナが明けたので、ブースを大きくし、チケット販売にも力をいれました。

近鉄グループ インバウンド
▲近畿日本鉄道 堤さん、近鉄グループホールディングス 台北支社 吉岡さん:ITF2023にて訪日ラボ撮影

(訪日ラボ編集部:昨年との比較は?)

昨年は水際対策緩和後すぐだったので、熱量の高い方が前半に来て、後半は少し落ち着いた印象がありました。今年はお客様からいただく質問の内容がより具体的になってきて、旅行の熱も全体的に高まっていると感じています。

(人気のコンテンツは?)

以前セミナーでとったアンケートでは、神社仏閣、自然(桜、紅葉)、グルメ、温泉などが人気です。

(何をメインでPRしている?)

電車を使って周遊する利便性、沿線の魅力を知ってもらいたいと考えています。販売している周遊券は、1日券・2日券は大阪・奈良がメインですが、5日券だと三重や名古屋にも行けるプランで、実は大阪〜名古屋間を往復するだけで元が取れる計算なんです(笑)

台湾の方々は京都・大阪には行き慣れている方も多いので、今後は三重なども訴求していきたいと考えています。

(今後の期待感は?)

都市部がハブになりつつ、地方にも足を伸ばしてもらえるよう、地方の魅力を伝えていきます。他の鉄道会社や自治体とも連携し、協力して沿線の観光を盛り上げていければと思っています。

あべのべあ インバウンド
▲近鉄不動産が運営するあべのハルカスの展望台「ハルカス300」のキャラクター「あべのべあ」:ITF2023にて訪日ラボ撮影

株式会社海遊館(近鉄グループ)海遊館 小林由和さん、ニフレル 小園翔さん

  • 営業部 営業チーム 主任 小林由和さん
  • ニフレル事業部 管理運営チーム 主任 小園翔さん

近鉄グループが運営する世界最大級の水族館「海遊館」と、美術館、動物園、水族館が融合したミュージアム「ニフレル」も一緒に出展しています。

▲:ITF2023にて訪日ラボ撮影
▲海遊館 小林さん、ニフレル事業部 小園さん:ITF2023にて訪日ラボ撮影

海遊館では、外国人比率は3割ほど。コロナ前は中国が多かったですが、今は台湾、韓国、東南アジアが多いですね。円安の影響か、アメリカ、ヨーロッパからの観光客も徐々に増えています。

大変多くの方にご来場いただいているので、混雑しすぎないよう、人数の上限を設けています。空いている時間を案内するなど、満足度も高くなるよう工夫しています。

ニフレルのほうは、外国人比率が3%くらいなので、もっと誘客していきたいと考えております。比率の内訳としては香港、台湾、タイが上位を占めており、台湾も重要な立ち位置であると考えています。

(万博も開催されるが、盛り上がりはどうか?)

周辺の観光スポットとして盛り上がると思いますが、オーバーツーリズムにならないよう対策していく必要はありそうです。ニフレルは万博記念公園周辺にありますので、1970年当時の大阪万博におけるレガシーや2025年の大阪・関西万博のとの連動もしていきたいですね。

(今後の期待感は?)

両施設の来館傾向等は異なりますが、ITFのお客様の反応からもそれぞれにポテンシャルを感じています。近鉄グループとして力を合わせ、関西・大阪観光における魅力の底上げに繋がれば幸いです。

さらに海遊館やニフレルをきっかけとして、大阪ベイエリア(天保山ハーバービレッジ等)や大阪北部エリア(万博記念公園やEXPOCITY等)の魅力も併せて知っていただければと思っております。

阪神電気鉄道株式会社 スポーツ・エンタテインメント事業本部 甲子園事業部 髙本穂乃花さん

毎年コロナ前は出展していまして、コロナ禍も明けて旅行者が増えてきているので、球場や甲子園歴史館のことを知ってもらおうと出展しました。

ブースは南海電気鉄道さん、京阪電気鉄道さんと一緒に出展しています。

阪神電気鉄道 南海電気鉄道 京阪電気鉄道 インバウンド
▲阪神電気鉄道、南海電気鉄道、京阪電気鉄道 共同出展ブースの皆さん:ITF2023にて訪日ラボ撮影

(来場者の反応は?)

甲子園歴史館の入館券をご購入いただいた方に、ユニフォームをプレゼントしてアピールしています。来年100周年と伝えると、「おーっ」となったりしますね。旅行者の方と直接触れ合い、ユニフォームを手渡しすることで、喜ぶ顔が見れてとても嬉しいなと思います。甲子園に行って、ぜひこのユニフォームを着て試合にいってもらえたらと。

(今後のプロモーションは?)

甲子園球場の知名度は高いと感じています。2014年の映画『KANO』(日本統治時代、台湾代表として甲子園で準優勝した野球部の実話を描いた)を「見たことある!」という方もいらっしゃいました。

100周年に向け、改めてプロモーションを強化します。繁体字でポスターを作成する他、繁体字のPR動画も、来年公開したいと考えています。

台湾も野球文化が根強いですし、馴染みのあるスポーツだと思います。実際に足を運んでいただけたらと思っております。

公益社団法人ひょうご観光本部 ツーリストインフォメーションデスク 仲智嗣さん

神戸空港を起点にヘリコプターを但馬空港まで飛ばすツアーや、姫路城を見ながら淡路島へ行くツアーといった特別な体験を得られる観光コンテンツなど、英語を通じてどのように全世界に向けて兵庫の魅力を発信していくかを考えています。

兵庫県 台湾 インバウンド
▲ひょうご観光本部 仲さん:ITF2023にて訪日ラボ撮影

(今後の期待感は?)

大阪から入って、岡山・広島へ行ってしまう方も多いのですが、2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、温泉、食など、兵庫ならではの魅力をPRして知っていただく絶好の機会だと思っています。

(来場者の反応は?)

台湾のお客さまにはご紹介する兵庫のコンテンツに興味を持っていただいている印象です。まだまだPRしきれていない魅力的な観光地や体験がたくさんあるので、様々な形で発信していければと思います。

徳島県 髙田朋枝さん、西條理人さん

  • 商工労働観光部 観光政策課 係長 リーダー 髙田朋枝さん
  • 商工労働観光部 観光政策課 インバウンド推進担当 主任 西條理人さん

(台湾市場の誘客の状況は?)

元々多いですが、さらに誘客していきたいと考えています。秋にチャーター便が就航するので、現地の旅行会社が商品販売しているのですが、大変好調で、完売状態だと聞いています。

徳島 台湾 インバウンド
▲徳島県 髙田さん、西條さん:ITF2023にて訪日ラボ撮影

(打ち出しているコンテンツは?)

鳴門の渦潮、かずら橋、大歩危峡観光遊覧船などですね。また、阿波おどり体験もツアーに入れていただいています。

(今後の期待感は?)

先月訪日客がコロナ前を超えて、さらに伸びてくると思います。今は東京や大阪といった大都市圏が多いと思いますが、今後地方も増えてくるとありがたいですね。


【連載一覧:台湾市場のインバウンドプロモーション最前線】

  1. 羽田空港、北海道の空港と連携しインバウンドを送客 地方観光を盛り上げる
  2. TSMC進出の九州エリア、台湾市場への期待感は
  3. 台湾でも人気の北海道エリア、今後はどう動く
  4. 万博控えた関西 台湾市場も盛り上がるか
  5. 新たなコンテンツに熱視線!関東・中部地方の台湾インバウンド動向は
  6. 台湾で人気の商品は?ブランド品・お菓子・日本酒など / 「星野リゾート」台湾での認知度の高さ実感
  7. ITF(台北国際旅行博)BtoB商談会の様子は
  8. 台湾の旅行者「最初に行きたい国は日本」!日本で人気のエリア・コンテンツは?台湾の旅行者・旅行会社に聞いた
  9. 【総集編】台湾市場のインバウンドプロモーション最前線!台湾最大の国際旅行博「ITF2023」日本ブースに出展した38団体&台湾の旅行会社3社に取材

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめセミナーのご紹介

訪日ラボでは、インバウンド対策に課題を抱えるご担当者様向けに、お悩み・課題解決を支援すべく、無料のオンラインセミナーを実施しています。

3/13(水)開催「外国人向けプロモートのイロハを学ぶ」無料オンラインセミナー


訪日外客数が順調に回復を続ける中で、競争が加速する「訪日外国人の集客」。

企業・自治体様の中では、どのタイミングで、どのような施策を行うと効果的に外国人集客を増やせるか、模索されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本への「旅行後」の経験に着目をし、訪日プロモーションを加速させることに成功したJAMS.TV Pty Ltdと共催セミナーを開催いたします。オーストラリアで来場者数10,000人を超える大型イベントを企画・運営を行う上で、どのようなポイントをおさえて施策を設計し、実行していったのか。

試行錯誤の上で見えてきた「訪日プロモーションのポイント」を事例をもとに分かりやすくお伝えいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

『外国人向けプロモートのイロハを学ぶ〜オーストラリアで1万人の日本ファンを集めた仕掛け〜』

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに