観光庁が推進する「観光DX」とは?国内外の優良事例紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

近年、様々な分野で注目が高まるDXデジタルトランスフォーメーション)。デジタル技術を活用して、企業や組織のビジネスモデルや業務プロセスなどを変革し、新しい価値を創出したり、競争力を高めたりすることを指します。

このDXについてはインバウンドを含めた観光業の分野でも取り組みが進んでおり、特に近年問題視されるオーバーツーリズム対策や地方創生の起爆剤としても注目が高まっています。

今回は、観光DXについて、観光庁「観光分野のDX推進に向けた優良事例集」を参考に、その内容と政府の方針をわかりやすくまとめるとともに、国内外の事例を紹介します。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


観光DXのゴールは「稼げる地域の創出」

「観光DX」とは、デジタル技術を活用して、旅行者数の増加や観光消費の拡大などを目指す取り組みです。

人口減少が進む日本において、観光業は地方創生の切り札とも言われています。そのため政府は、デジタルを駆使して観光地の利便性改善や生産性の向上させ、より高度な観光地経営を進め、地域活性化と経済の持続可能性を推進したい考えです。

そこで観光庁は、令和4年9月に「観光DX推進のあり方に関する検討会」を設置。観光DX推進における議論を重ね、2023年3月には最終的な方針のとりまとめを行いました。

その結果、観光DX推進において「3つの軸」を設定してDX活用の方向性を示しました。

観光DX推進における3つの軸:

  1. 旅行者の利便性向上・周遊促進
  2. 観光産業の生産性向上
  3. 観光地経営の高度化

次に、各項目について詳細を解説します。

観光DX推進における「3つの軸」

デジタル技術を使って観光業の振興を目指す観光DX。取り組みを進めるために観光庁が設定した「3つの軸」を解説します。

1. 旅行者の利便性向上・周遊促進

デジタルを駆使し、地域内で分散しがちな観光情報を集約。スマホなどで情報を簡単にチェックでき、予約や支払いもオンラインで完結できるようにします。旅行者それぞれの好みに合わせた情報を届けることで、旅行者の満足度の向上や消費の拡大、より広範囲への収集に繋げることが狙いです。

2. 観光産業の生産性向上

宿泊施設など、観光業に従事する事業者の業務効率化を図るためにデジタルツールを活用します。ツールを活用すれば顧客情報や売上など様々なデータが蓄積でき、その結果をもとにサービスや業務の改善に繋げることが可能です。また各データを事業者間で共有することで、地域全体で収益性の改善を図ることも目指します。

3. 観光地経営の高度化

集めたデータを分析して、観光地がより良くなるような戦略を立てます。自治体やDMOだけでなく各事業者とも連携してデータを取集・分析することで、地域一体でのマーケティング活動を促進します。各地域の特性に合わせた効果的な観光施策を実施し、「稼げる地域」を目指すことが狙いです。

以上の3つの軸を起点に、各地域の特性に合わせた効果的な観光施策を実施し、「稼げる地域」を目指すことが「観光DX」の一番のゴールです。

「持続可能な観光地づくり」についてはこちらの記事も参照ください。

令和5年版観光白書 徹底解説(2):第I部第3章 持続可能な観光地域づくりとは?

観光DX推進の先進事例6選

次に観光DX推進における先進事例の一部をご紹介します。

地域事例 / 旅行者の利便性向上・周遊促進

1. 長野県山ノ内町(志賀高原)

長野県山ノ内町では、観光協会のWebサイト上で、宿泊・飲食・観光商品の直販を実施。地域全体に分散していた情報の一元化を図ると共に、顧客データの収集・分析が行える体制を構築しました。結果、公式ウェブサイトでの直販売上は年間5,388万円を達成。収集した顧客データをマーケティングに活用し、SNSのフォロワーやサイト閲覧数の増加に繋げることができました。

2. スペインバルセロナ市

海外の事例もご紹介します。観光先進国として知られるスペインのバルセロナ市では、急増する観光客によるオーバーツーリズムが課題でした。そこで市は観光施設の混雑を緩和するため、サグラダ・ファミリア等有名観光施設の入場券のオンライン化。販売上限を設けて、混雑の抑制を図りました。

結果、過度な混雑が回避され、かつ周辺観光地への周遊促進に繋がり、観光客の満足度向上につながりました。またチケットをガイド付きツアーとセットで販売するなど種類を増やしたことで売上の増加も実現しています。

関連記事:バルセロナのオーバーツーリズム(連載 オーバーツーリズムを考える 第一回)

地域事例 / 観光産業の生産性向上

3. 兵庫県 豊岡市(城崎温泉)

兵庫県豊岡市の城崎温泉では、地域の宿泊施設にオンライン予約と決済を行う共通のシステムを導入。宿泊施設ごとに異なっていた顧客予約管理システムを一元化し、集まったデータを地域共通の管理システムに連携し、顧客属性に合わせたマーケティングに活用しました。

その結果、各事業者の業務効率化と従業員の負担軽減を実現。顧客満足度の向上と売上アップにつながりました。地域消費額は地域消費額は2019年と比べて2020年は3.8億円増え、リピーター率は41%まで増加しています。

4. 北海道 ニセコエリア

外国人観光客が多く訪れる北海道ニセコエリアでは、体験アクティビティのオンライン予約システムを導入し、地域一体となったデータの収集・分析に力を入れています。観光客は自身の好みに合わせたアクティビティの検索と予約が可能になり、事業者の収益機会が増加。さらにオンライン決済に移行したことで、業務の効率化も実現しています。

その結果、予約システムを介したシーズンの売り上げは70億円以上を達成しました。また同エリアはスキーリゾートとして人気なため、夏の閑散期の底上げが課題でした。そこで収集したデータをもとに閑散期のイベントの実施やデジタルマップの発信などを行った結果、閑散期稼働率が改善しました。

関連記事:ニセコ町 デジタルノマドの取り組み

地域事例 / 観光地経営の高度化

5. 神奈川県 箱根町

神奈川県箱根町では地域の様々なところから集めたデータを地域データベースに一元管理。データの分析結果や今後の観光需要予測などを事業者に共有しました。また県内外の自治体や事業者にデータベースの内容を共有し、連携を強化することで、より高い経済効果を生む施策を積極的に検討・推進していきました。

その結果、地域内の事業者がデータを活用できるようになり、数値目標をしっかり立てて経営を行う基盤を構築。経営の高度化が実現しました。さらに地域内外で連携を図りながら、マネタイズ効果の高い施策の推進に向けて具体的な取り組みが進むようになりました。

6. 福井県

旅行者のアンケートや予約・決済などの情報をデータベースに集約。オープンデータとして地域に公表。さらに県が主導で地域の事業者の支援を実施し、データを活用した施策の立案・実行を後押ししました。

その結果、旅行者の消費行動や需要がデータとして蓄積し、地域内で可視化され、地域全体で業務の改善やサービスの質の向上を実現。観光地経営の高度化に成功しました。またそれまでデジタルに疎かった事業者でも、具体的なデジタルマーケティングが実施できるようになり、客室稼働率の向上などの成果を上げることができました。

関連記事:箱根町、福井県の観光DX事例(観光庁 観光DX成果報告会取材)


以上、観光DXの事例紹介記事をお届けしました。

観光DXの推進は各地で様々な取り組みが進んでいます。訪日ラボでも過去に様々な事例を取り上げてきましたので、ぜひこちらもご確認ください。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

訪日外国人の数はすでにコロナ前の水準を超えており、インバウンドの業界はますます盛り上がりをみせています。

目まぐるしく変わるインバウンドの動向。最新情報をしっかりと把握するのが難しくなってきてしまった…と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回から、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が解説する「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズがスタートします!

第一回は5月24日に開催。今月5月のインバウンドトレンド情報や、夏に向けた今後の動向についてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月前半版レポートから、4月〜5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに