この記事は約6分で読み終わります。

最近では中国の経済状況が不安定になっているものの、数年前より所得が上昇しており、また円安元高の影響もあって、依然として訪日中国人観光客による爆買いは続いています。

訪日中国人観光客数も年々増えており、2015年にはおよそ500万人が日本を訪れました。国内各社ではインバウンドマーケティングに着目。どのような手段が集客へとつながるのか、中国の検索事情を交えてご紹介します。

 

中国最大の検索エンジン「百度(バイドゥ)」を活用したインバウンドマーケティング

訪日中国人観光客を対象としたデジタルメディア戦略を語る前に、中国国内のネットの状況から説明する必要があります。大前提として、日本や世界先進各国が当たり前に使っているようなGoogle検索エンジンやFacebook、動画サイトではYouTubeなどは、中国国内では上海の一部を除いて閲覧ができません

したがって、訪日中国人観光客向けにインバウンドマーケティングを考える際は、中国国内でシェアの高いメディアに向けてアプローチしなければなりません。

<関連>

「百度(バイドゥ)」の検索キーワードランキングを利用したブランディング

事業支援の企業であるオプトホールディングとソウルドアウトが、中国最大手検索エンジン「百度(バイドゥ)」を運営するバイドゥと業務提携し、インバウンドマーケティングに関する新サービスの開発や提供への取り組みを開始しました。

導入企業例 KOMEHYO:sold-out.co.jpより引用

導入企業例 KOMEHYO:sold-out.co.jpより引用

その一環として、中国国内で最も利用されている検索エンジンの「百度(バイドゥ)」の検索キーワードランキングを利用し、一定期間のうちに集計された人気の商品に対して「百度クレジット」という認定ロゴを付することで、ブランド力の向上や販促拡大、来店促進の効果を狙ったサービスを展開しています。

つまり、自社製品が百度(バイドゥ)検索の人気ランキングにて上位を獲得した場合、国内百貨店などで「百度クレジット」の認定ロゴが表示されたPOPやのぼりなどを設置することができ、訪日中国観光客へ向けた強力な販促を実現できることになります。

 

訪日中国人観光客に向けたインバウンドマーケティング

訪日中国人観光客は、まず国内にてソーシャルメディアや検索、口コミサイトなどで情報を集めてから訪日します。そして、中国人は買い物、観光体験などをリアルタイムにソーシャルメディアでユーザーで発信し、帰国後も体験談や写真などを共有するサイクルを持っています。日本人よりもこれらのメディアを活用する傾向にあります。

訪日中国人観光客が事前に検索するサイト3選

爆買いしに訪日する中国人に、自社製品を事前に認知してもらうためには、訪日中国人観光客のよく利用するサイトで事前にアプローチをする必要があります。

中国2大ソーシャルメディア

中国国内で人気のSNSは「Wechat(ウィーチャット)」と「Weibo(ウェイボー)」です。Wechat(ウィーチャット)は日本でいうLINE、Weibo(ウェイボー)はTwitterの位置づけになります。

Weiboでは「海淘族」と呼ばれる情報に敏感なソーシャルバイヤーが集うため、その情報を参考に一般ユーザーは爆買いリストを作成します。つまり、この2つのSNSでのアピールが鍵となります。

生中継プラットフォーム

日本ではニコ生やツイキャスなどが有力な販促プラットフォームとして活用されますが、中国国内では「斗鱼TV」「战旗TV」「龙珠直播」が有名です。

動画配信プラットフォーム

中国国内では年間約4.5億人の動画視聴者が存在し、実に8割におよぶネットユーザーが視聴していることになり、強力な販促プラットフォームとして活用できます。特に有名なサイトは「騰訊視頻」「Youku」「iQIYI」となります。

<関連>

 

訪日中国人観光客をターゲットにした検索エンジン「百度(バイドゥ)」向けSEO対策

訪日中国人観光客の爆買いリストに自社製品が名を連ねるには、事前に中国国内のネット事情を把握し、的確なSEOを対策していかなければなりません。その上でまず注意すべき点があります。

  • 中国の検索エンジンシェアは百度(バイドゥ)を含めた中国産エンジンで95%を占める
  • 中国の検索エンジンでのSEO評価は国内のサーバーが圧倒的に強く、海外は評価が低い
  • 中国国内にサーバーを設置するには現地法人が必要(=IPC登録が必要)となる
  • 百度(バイドゥ)向けサイト登録(Googleでいうところのサーチコンソールでの登録)にもIPC登録が必要

といったように、中国以外で通常行われるGoogle検索エンジンをターゲットとしたSEO対策はあまり意味をなさず、ローカライズした対策が必要になってきます。

<関連>

中国産SNS内検索などでも情報収集は盛んに行われている。

先ほど紹介した「Wechat(ウィーチャット)」や「Weibo(ウェイボー)」などのソーシャルメディアや動画配信サイトなどは、マーケティングツールとして注目されており、力を入れていくことが重要視されています。さらに、中国版Wikipediaである「百度百科」や、「Sina」や「Tencent」などのBBSの利用も有効です。

逆の例でも、中国企業が日本で販促を展開する際にTwitterやFacebook等に専用アカウントを立ち上げることはよくあります。日ごろから、これらのSNSを覗くことでユーザーが何を求めているのかというリアルタイムな情報も得られるためインバウンドに繋げることが可能です。

 

まとめ:中国国内の検索事情を把握することでインバウンドは加速する

ここまでざっくりと中国の検索エンジン事情と販促に使えるメディアの紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

自社製品を爆買いリストに載せるためには、中国国内での地道なプロモーション・ブランディングが必要になってきます。訪日中国人観光客のインバウンドが加速する現在、より有効とされる新しい情報にも注目していきたいところです。

<参照>

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…