中国市場で苦戦するAirbnb 今度は途家(トゥージャー)と協業へ交渉か 気になる中国の民泊市場の今とは?

中国市場で苦戦するAirbnb 今度は途家(トゥージャー)と協業へ交渉か 気になる中国の民泊市場の今とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。

2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込み とのこと。

このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊市場」。中でもAirbnbは最大手となっておりホスト数・ゲスト数ともに世界的に圧倒的なシェアを誇っていますが、日本の隣国中国ではなかなかシェアを獲得できずに苦しんでいる様子が伺えます。

Airbnb China、中国の民泊サイト途家(トゥージャー)と交渉か?

China Money Networkによると、Airbnb Chinaは、中国国内335都市、海外(香港・台湾を含む)1,018都市において、民泊登録物件数450,000件を運営する中国最大手の民泊サイト途家(トゥージャー)と交渉に入ったとしています。どの程度交渉が形になっているのかは明かされていませんが、資本提携や戦略パートナー提携に関するものではないかとの予測が立っています。

Airbnb代表のNick Papas氏は、今回の報道に対して話し合いは持たれていないとしていますが、途家(トゥージャー)は、中国で最大のオンライン旅行会社CtripとQunar.comのバケーションレンタル事業を買収。4か月前にはGanjiが所有するバケーションレンタルプラットフォームMighty Talent社を株式交換取引で掌握しており、これらの動きはMighty Talent社の投資家であり、Ctripの共同設立者の一人であるSequoia Capital ChinaのNeil Shenによって推進されたものでした。

Sequoia Capital Chinaは、Airbnbが中国に進出した際に提携していたベンチャー企業の1つであり、Neil Shenは、中国の民泊市場におけるシェアでの競合を拡大するのではなく、協業するために取引を推進しているのでは、との憶測が飛び交っています。

中国の巨大民泊市場の牙城を崩すため、すでに中国で大きなシェアを獲得している途家(トゥージャー)との提携を目指すのではないかとされるAirbnb。以前にも他民泊サイトとの提携を画策した経緯があります。

Favicon訪日ラボ

 

中国No.1の民泊サイト 急速に日本に進出中!中国国内335都市で45万件の民泊登録物件数を誇る民泊サービス途家(トゥージャー)とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。[blogcardurl=https://honichi.com/12634]このように世界...

中国市場での苦戦続くAirbnb 社名変更や他民泊サイトとも交渉も…

2017年4月5日のCHINA DAILYでは、中国で広く普及しているAirbnb型民泊サービスXiaozhu(小猪)と米Airbnbが、主に日本と韓国を対象とする海外事業において提携する交渉に入っていると報じられました。

その後は進展がなく計画の行先は不透明ですが、今年3月には中国でのブランド構築を目的にAirbnbから中国名Aibiyingに正式名称を変更したように、中国の民泊市場においては他エリアとは異なったアプローチを迫られているAirbnb。これからどうなっていくのか目が離せません。

Favicon訪日ラボ

 

米Airbnbと中国最大級の民泊サービス「Xiaozhu(小猪)」が日韓における民泊事業で提携!?その真相は?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。民泊市場が世界規模で見ても大きなマーケットになっていることが把握できます。このような状況の中、Airbnb...

まとめ:未だに勢いが衰えない中国系の民泊サイト 苦戦するAirbnbはいかに活路を見出すか

中国での民泊市場に食い込むため、Airbnbは途家(トゥージャー)やXiaozhu(小猪)など中国最大級の民泊サイトとの提携を画策している模様。

しかし、いまだに具体的な形にならないことから中国の民泊市場において苦戦が続いていることが予想されます。

どのマーケットにとっても中国は「ガラパゴス化」と揶揄される文化・生活スタイルから開拓困難なエリアとされている中、世界最大の民泊サイトであるAirbnbがこれからどのように切り込んでいくかに注目です。

Favicon訪日ラボ

 

途家(トゥージャー)と自在客(ズーザイクー)の2強にAirbnbは苦戦?!中国で人気の民泊サービスまとめ6選

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。[blogcardurl=https://honichi.com/12634]このように世界...


Favicon訪日ラボ

 

台湾No.1の民泊サイト 日本にも進出中!世界で約10,000人の民泊ホストが登録する民泊サービス自在客(ズーザイクー)とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。[blogcardurl=https://honichi.com/12634]このように世界...


Favicon訪日ラボ

 

中国200以上の都市に30,000件以上の民泊物件をリスティング 中国大手の民泊サイト「小猪(シャオジュー)」とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。[blogcardurl=https://honichi.com/12634]このように世界...


Favicon訪日ラボ

 

民泊はAirbnbだけじゃない!ホスト必見の海外で有名な民泊サイトまとめ9選

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊」。民泊サービスというと真っ先に思い浮か...

<参考記事>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!