[後編]新潟県に訪日外国人を誘致したい場合に知っておくべきことまとめ:訪日客は新潟県に「食」と「自然」を望んでいる

[後編]新潟県に訪日外国人を誘致したい場合に知っておくべきことまとめ:訪日客は新潟県に「食」と「自然」を望んでいる

訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では 地方にもスポットライトが当たり始めています。

観光庁が2017年6月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、2017年4月に地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、一昨年・去年と比べてそれぞれ10.2%、17.2%と増えており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が着実に増えていることがわかります。

そのような状況の中、訪日外国人観光客は、何を目当てに地方を訪れているのでしょうか?日本政策投資銀行では、2017年4月に新潟県に関するインバウンド観光レポート「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」を発表。新潟県を訪れる訪日外国人観光客の実態を紹介しています。本資料をもとに、2回に分けて新潟県におけるインバウンド観光の特徴をご紹介します。今回は後編です。

新潟県を訪れる訪日外国人のうち80%がリピーター!

訪日外国人の訪日回数比較:新潟県と全国平均:日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化
訪日外国人の訪日回数比較:新潟県と全国平均:日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、新潟県を訪れる訪日外国人観光客のうち、80%がリピーターです。

国籍別にみてみると、主に中国、台湾、香港からリピーター観光客が多く、新潟を訪れた訪日中国人観光客のうち、60%が6回以上新潟を訪問しています。 また、台湾人のうち、36.4%が4回、もしくは5回新潟を訪れています。

前編でご紹介した通り、新潟は訪日アメリカ人観光客や訪日オーストラリア人観光客にとっても人気の観光地となっていますが、リピーター率はいずれも低く、1度のみの訪問にとどまっています。

ほとんどが観光目当て:しかし、ビジネスで訪れる人は全国平均より多い

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、新潟県を訪れた訪日外国人観光客のうち、84.7%が観光目的でした。

この数値は、一見高く見えますが、全国平均(ある都市の訪問理由が観光目的であるパーセンテージ)は89.9%、他の地方都市では、ほとんどが90%以上になっており、新潟県には観光目的のみならず、他の目的でも訪日外国人観光客が訪れていることがわかります。

観光以外の訪問目的として、挙げられるのが「ビジネス・国際会議」です。新潟県にビジネス・国際会議で訪れている訪日外国人観光客は、全体の10.2%にのぼります。 この数字は東京(4.9%)よりも高い結果になっています。

Niigata Convention Naviのコンベンションカレンダーによると日本海沿いであり、韓国や中国など日本と密接なかかわりのある国々と地理的に近い新潟では、年中、国際会議が開かれている ことが把握できます。こういった要因から、国際会議・ビジネス目的で新潟県に訪れる外国人が多いことが予測できます。

また、「親族や知り合いに会うため」との選択肢は5.1%を占めており、全国でもっとも高い結果になりました。

Favicon訪日ラボ

 

日本の国際会議の開催状況:2010年から誘致に注力し、アジア・オセアニア・中東地域では4年連続1位

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

MICE誘致に欠かせないユニークベニュー:歴史的建造物などを会議、レセプション会場に

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

MICE招致した外国人の事故・病気時の対応は企業の悩みの種に:ジェイアイ 訪日客用海外旅行保険 おもてなし安心プラン を販売

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

その経済効果5,905億!2015年のMICE(国際会議)開催による経済効果を観光庁が調査

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

新潟県の認知度はまだまだ低い:外国人の11.5%が新潟県を知っている

日本の観光地の認知度 比較(観光地別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化
日本の観光地の認知度 比較(観光地別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、新潟県を認知している外国人は、全体の11.5%でした。(アジア全体では15.5%、欧米豪全体では3.9%。)ちなみに東京の場合は70.5%、北海道は49.6%、長崎は37.4%、神戸は41.6%の外国人が認知しています。

新潟県を知っていると回答した外国人の比率(国籍別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化
新潟県を知っていると回答した外国人の比率(国籍別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化

国別にみてみると、台湾人の間では全体の36.9%が新潟県を認知していました。 また、香港人の間では30.6%の人が新潟県を認知しており、この2国では比較的新潟県に対して関心があることがわかります。

Favicon訪日ラボ

 

意外と馬鹿にできない観光資源『忍者』 海外で「98.7%」が認知、「63.1%」は実在を信じていると調査で判明 さらに4月には「伊賀忍者・甲賀忍者」が日本遺産に認定

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

見落としがちな「サムライ」も強力なコト消費コンテンツ 海外では認知率98%と調査で判明 武術体験、城見学などが人気

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

訪日客は新潟県でご飯と自然を楽しみたい

新潟県の訪問希望者が新潟で楽しみたいこと:日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より化
新潟県の訪問希望者が新潟で楽しみたいこと:日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より化

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、新潟訪問を希望している外国人のうち、72.1%が「伝統的日本料理を食べたい」 と答えています。2位の回答が 「現地の人が普段利用している安価な食事を食べる(67.6%)」 であることも踏まえると、訪日外国人観光客は新潟県に食文化に関して興味があることがわかります。

3位には同率で「自然や風景の見物(64%)」「桜の鑑賞(64%)」がランクイン しており、新潟県のもつ 豊かな自然を訪日外国人観光客は楽しみにしている ことがわかります。

この2点を踏まえると、新潟県が推し進めている 食、自然を活かした「ガストロノミー・ツーリズム」 は、訪日外国人観光客を呼び込むうえで有効な施策でしょう。

Favicon訪日ラボ

 

新潟市でも特区民泊スタートへ! 食、自然を活かした「ガストロノミー・ツーリズム」の推進を目指して

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

「食文化」×「伝統文化」によるインバウンド誘致へ:注目を集め始める「ガストロノミーツーリズム」にぐるなびとANA総研が着手

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

まとめ:新潟県におけるインバウンド観光の実態:ポイントは「観光目的の多様化」「リピーター」「食・自然」

日本政策投資銀行の資料「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」から新潟県におけるインバウンド観光の実態をご紹介してきました。今回は後編です。

2016年に新潟県に宿泊した延べ訪日外国人観光客数は、187,000人を記録し、過去最高を記録しました。

新潟県を訪れる 80%がリピーター であり、なかでも新潟を訪れた訪日中国人観光客のうち、60%が6回以上新潟を訪問 しています。また、台湾人のうち、36.4%が4回、もしくは5回新潟を訪れています。訪日オーストラリア人観光客や訪日アメリカ人観光客の訪問が多い新潟県ですが、彼らはリピーターにはなっていません。

新潟県を訪れる訪日外国人観光客の多くは観光目的ですが、全国比でみると 国際会議やビジネス等で同地を訪れている 人も多くいます。加えて、訪日外国人観光客「食・自然」 を新潟に楽しみに来ていることにも留意しておくべきでしょう。

Favicon訪日ラボ

 

訪日リピーターの台湾人女性1528名に聞いた! 「この夏、日本で行きたい場所・体験したいこと」を発表

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

観光庁が新たなターゲット層として掲げる「訪日教育旅行者」とは? 日本の学生への教育的な効果も

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

<参照> - 日本政策投資銀行:新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を- - Niigata Convention Navi:コンベンションカレンダー

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!