大阪×ナイトタイムエコノミーからみる 訪日韓国人インバウンドの可能性とは? | 滞在日数短いからこそ夜の時間帯を効果的に活用

大阪×ナイトタイムエコノミーからみる 訪日韓国人インバウンドの可能性とは? | 滞在日数短いからこそ夜の時間帯を効果的に活用

訪日インバウンドにおいて、消費増加が見込める新たな取り組みの一つがナイトタイムエコノミーです。ここ数年、訪日インバウンドはモノ消費からコト消費に移行してきています。単に訪日人数を増やすだけでなく、一人当たりの消費額の増加と観光客の満足度を高めることが重要になってきています。今回は、ナイトタイムエコノミー推進における訪日韓国人の傾向と集客方法についてお話します。 


ナイトタイムエコノミーの取り組みとは

そもそも、訪日インバウンドにおけるナイトタイムエコノミーとは一体どのような取り組みなのでしょうか?

これまでは、訪日観光客の多くが夕食後にはホテルに戻りそのままホテルで過ごしていました。この状況を変えるべく、夜の時間帯に食事以外にも積極的に楽しんでもらい、ナイトレジャーへの消費活性化と滞在中のアクティビティに対する満足度向上を目指しています。

そして、このナイトタイムエコノミーに積極的に取り組んでいる自治体が大阪府です。大阪は訪日外国人の間でも人気のある都市の一つでもあり、最も訪日韓国人が訪れている都市でもあります。

大阪を中心に、訪日外国人のナイトタイムエコノミーによる消費・活動の活性化を推進する動き

大阪はインバウンドのナイトタイムエコノミーへの取り組みを積極的に推進している都市であり、大阪観光局によるナイトカルチャー推進事業への補助金や今年ではJTB西日本によるナイトクラブの共通入場パスなど、さまざまな取り組みや施策が展開されています。

訪日韓国人がインバウンドにおけるナイトタイムエコノミーの主役に?

さて、訪日韓国人に人気の大都市TOP3は、大阪、東京、博多となっており、その中で最も人気の高い大阪を訪れた訪日韓国人は年間240万人に上るとされています。※1

実は韓国人はアジアの中で一人当たりの飲酒量が最も多い国※2であり、また大勢でわいわい飲むのが大好きな人が非常に多く、日本に来て居酒屋をはしごする韓国の若者達も数多く見うけられます。また、日本の都市部を訪れる場合は、クラブやその他のエンターテインメントなど夜のアクティビティも積極的に探しているのです。

インバウンドに向けたナイトタイムエコノミーの取り組みにおいて、こうした訪日韓国人に対してプロモーションすることは、とても相性が良く高い効果が期待できるかもしれません。

大阪での訪日韓国人のナイトタイムエコノミー活性化はまだまだ始まったばかりで、現状では道頓堀、あべのハルカス、観覧車やUSJなど、夜景で有名なスポットの周辺のみで活発に見られます。ただし最近では、いくつかの取り組みの効果か、ナイトクラブなどへも出かけている訪日韓国人が徐々に増えています。

※1: 大阪府「来阪外国人旅行者数(平成29年)」

※2: WHO調査「国別アルコール消費量(2015)」

訪日韓国人の滞在中のネット利用を時間別で見てみますと、大阪と全国を比較した場合、全国の平均では昼から夕方にかけてネット利用のピークなのに対し、大阪に滞在中の訪日韓国人は夕方から深夜にかけてネット利用率が高くなっています


▲時間帯別 訪日韓国人によるネット利用 全国版・大阪エリア比較
▲時間帯別 訪日韓国人によるネット利用 全国版・大阪エリア比較

これは、大阪に滞在中の訪日韓国人が、夜により活発に活動している、もしくは夜間のアクティビティに関して積極的にネットで調べていることが推測できるかもしれません。

訪日韓国人は滞在日数も短いため、滞在中の時間を最大活用できるナイトカルチャーの充実が非常に重要なキーであり、興味関心層に正しくプロモーションを届けることができれば、大きな活性化が期待できそうです。 

ナイトタイムエコノミー向けの訪日韓国人へのオンラインプロモーションとは?

訪日韓国人は来訪する前に詳細なスケジュールを計画してから訪日するケースが多いので、特定のイベント、特定施設などへの誘導であれば、ターゲットとするオーディエンスの訪日前(旅マエ)プロモーションが良いでしょう。

ただし、夜の予定を決めずに訪日する韓国人もまだ多くいると推測され、大都市の中心エリアなどであれば訪日直前もしくは滞在中(旅ナカ)にリマインドするプロモーションも効果が期待できます。

プロモーション設計は?

実際にワイダープラネットが行なった大阪のエンターテイメント施設の訪日韓国人向けプロモーション例を参考にすると、次の点に留意し、ターゲット層が訪日する前の旅行プラニング時にしっかりと事前プロモーションを行うことが必須です。

・目的とKPIの設定:認知向上(ブランディング)、もしくはオンライン予約などの獲得目標の設定。広告からの飛び先(ランディングページ)や予約フォームなどは韓国語で用意する必要があるでしょう。

・ターゲット層の選定:大阪へ来訪予定の韓国人、音楽やエンターテインメントに興味を持っている韓国人、現在大阪に滞在中の訪日韓国人など、対象ターゲットをきちんと設定します。また、ユーザーデータの分析によって、類似ユーザーをデータから推定し潜在層を拡大することも可能です。

・キャンペーン期間:訪日韓国人のプラニング期間での告知・認知度向上・予約など、また訪日直前または旅ナカでのリマインダーのためのキャンペーン期間を設定します。

このようにして、オンライン広告を通じて段階的にキャンペーンを展開することにより、旅行計画中または訪日予定の韓国人など最適なオーディエンス層と潜在層に幅広くリーチして、ナイトレジャー施策の認知度を高めてから、訪日直前〜訪日中にリマインダーを送ることで、集客効果をより高めることが可能になります。 

いかがでしたでしょうか?大阪、東京、名古屋、博多、札幌などの大都市は訪日韓国人リピーターの増加に合わせて、夜間のアクティビティの充実や施策がより重要になってきています。こうした取り組みをオンラインを通じて正しく世界に発信していくことが、今後のさらなるリピーターの増加と再訪に繋がる鍵なのかもしれません。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

ワイダープラネット

ワイダープラネット

ワイダープラネットは韓国最大級のオンライン広告配信プラットフォーム(DSP)を提供しています。韓国インターネットユーザーのオンライン/オフラインにおけるビッグデータを分析し、訪日韓国人に対する広告プロモーションおよび韓国向けキャンペーン最適化のためのコンサルティングを一括でサポートします。