AP通信の「海外広報サービス」を日本で開始!世界主要メディアに配信

AP通信の「海外広報サービス」を日本で開始!世界主要メディアに配信

自治体や企業向け広報サービス

AP通信東京支局は2月7日、日本で海外広報サービスを開始していると発表。国際的なネットワークを活用して、企業や自治体のコンテンツを世界の主要メディアに配信します。

AP通信「海外広報サービス」

AP通信「海外広報サービス」

コンテンツを世界へ配信

AP通信社は、ニューヨークとロンドンを拠点とするAP海外広報サービス部門を日本に設置。アジアでの展開を図ります。

同サービスは自治体や企業、製品ブランド向けに、映像や写真、記事など目的に合わせたコンテンツの企画提案、制作を行い、国際ニュース・ネットワークを活用して世界の主要メディアに配信するものです。

AP通信のニュースアプリやウェブapnews.comにも、制作した内容を記事広告としてグローバルに配信します。

国際イベントを控えた日本の需要に対応

日本では2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博など国際イベントを控え、地方自治体のインバウンドツーリズムへの期待や、企業の海外展開によるプロモーション配信への需要が高まっています。

アジア拠点となるAP通信東京支局のアジア・セールスマネジャー・津田千枝氏は、メディア視点でのコンサルティングを通して、発信力の強い題材の選定とストーリー性の高いコンテンツを作り、自治体や企業を支援していきたいと述べています。

(画像はAP通信公式サイトより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

AP通信のプレスリリース(共同通信PRWire)
https://kyodonewsprwire.jp/release/201902072944

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。