仕事探しに使うメディア第1位はFacebook!在留外国人の仕事探しにおけるリアルな声を調査

仕事探しに使うメディア第1位はFacebook!在留外国人の仕事探しにおけるリアルな声を調査

Facebookで仕事探し

訪日外国人が増加する昨今、外国人採用が注目を集めています。そんな中、在留外国人向けの求人サイトを運営する株式会社エムティックは、同社のサービスを利用する在留外国人にアンケートを行い、6月17日に結果を発表しました。

まず、仕事探しにどのようなメディアを使うかを聞いたところ、第1位は「Facebook」(62.8%)、第2位「Google」(22.3%)でした。日本人ならば求人サイトや転職エージェントを利用するところですが、在留外国人はFacebookを利用するようです。

「株式会社エムティック」

「株式会社エムティック」

「Google翻訳利用」約9割

WEBサイトを翻訳する時に、Google翻訳をどのくらい利用するかを聞きました。すると「いつも」が50.4%、「時々」が39.7%でした。約9割の在留外国人が、WEBサイト見る時にGoogle翻訳を使っていることがわかります。

次に、人材会社(求人サイト)を利用する上で重視することについて聞きました。すると55.4%が「多くの求人が載っていること」を挙げました。また19.0%が「複数の言語でWEBサイトを閲覧できること」と回答しています。

仕事を辞めた理由

前の仕事を辞めた理由について聞きました。すると第1位は「給与」、第2位は「勤務地までの距離」、第3位は「人間関係」という結果になりました。

今回の調査結果を受けて、同社の運営する在留外国人向け求人サイト「オールジョブスジャパン」では、10ヵ国語対応するとともに、勤務時間の検索機能を追加しました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社エムティック プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/

オールジョブスジャパン
https://alljobsjapan.com/en/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。