凸版印刷、ワクチン管理アプリ「PASS-CODE」を開発 感染症情報の一括管理を可能に

凸版印刷株式会社は、新型コロナウイルスのワクチン接種履歴をはじめとする、PCR検査の結果、抗原検査、抗体検査などの情報を一括管理できるアプリ「PASS-CODE」を開発したことを発表しました。

同社は、社内実証を踏まえることで「PASS-CODE」の開発をさらに進め、2021年12月の本格提供を目指すとしています。

事業者向けの来場者管理アプリも開発

凸版印刷によると本アプリの開発は、コロナ禍において大きな影響を受けている医療機関をはじめ、飲食業、観光業などの事業者の課題解決を狙いとしています。
感染症情報管理アプリ「PASS-CODE™」:凸版印刷株式会社ニュースルーム
▲感染症情報管理アプリ「PASS-CODE™」:凸版印刷株式会社ニュースルーム

今回開発した「PASS-CODE」では、利用者はアプリ内で接種履歴やPCR検査の結果を一括管理できるとともに証明用QRコードを発行できます

各種証明が飲食店やイベント会場で利用されることを想定し、事業者向けの来場者管理アプリも開発したということです。

これにより来店、来場者管理が必要な事業者は、専用アプリをインストールした端末で認証用QRコードを読み取ることで、感染症に関する情報を即座に確認することが可能となりました。

今後は光学的文字認識(OCR)による、紙のワクチン接種済み証明書のデジタル化機能も追加予定です。

本アプリの機能性や有用性の検証を目的として、職域接種会場でのワクチン接種者を対象に9月30日まで社内実証実験が実施されます。

実証実験では、証明用QRコードを活用した社内のカフェテラスでコーヒーなどと交換できる、接種済み証明の二次活用の有用性やアプリの機能性が検証され、検査結果管理機能やワクチン接種履歴の管理機能の拡充を図るということです。

凸版印刷株式会社によると、ワクチン接種済み証明と抗原検査結果の併用を可能にするため、本アプリと連動する抗原検査キットが開発途中で、今後新型コロナウイルス関連の様々な機能が実装されるでしょう。

現在、世界各国でIATAのトラベルパスをはじめとしたデジタル証明書の導入が進んでいますが、国際線の往来再開に向け、渡航手続きのデジタル化がさらに進んでいくと考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
凸版印刷株式会社:凸版印刷、感染症情報管理アプリ「PASS-CODE™」を開発

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!