今年の旅行先、アジアで日本が1位 インバウンド需要の見通し「好調」(アメリカン·エキスプレス調査)

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

アメリカン·エキスプレスは3月30日、世界7か国で調査した最新の旅行トレンドを発表しました。

2023年に予定しているアジアの旅行先として、世界7カ国の回答者の平均では、上位から「日本(40%)」、 「シンガポール(33%)」、「タイ(30%)」となり、日本が1位となりました。日本のインバウンド需要の見通しは「好調」であると伝えています。

今年の旅行先、アジアで日本が1位 インバウンド需要の見通し「好調」
▲今年の旅行先、アジアで日本が1位 インバウンド需要の見通し「好調」:プレスリリースより

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


アメリカン·エキスプレス、最新の旅行トレンドを発表

アメリカン·エキスプレス·インターナショナルは、日本を含む世界7か国で2023年2月3日~11日に実施した、旅行に関する意識調査「アメリカン·エキスプレス·グローバル·トラベル·トレンド·レポート」を発表しました。

冒頭でお伝えしたとおり、インバウンド需要については日本がアジアで1位となりました。その他、日本国内の旅行需要の調査についても以下でまとめます。

約半数が2023年の旅行に積極的 物価高で国内旅行偏重

日本の回答者の約46%が、前年と比較して2023年は「旅行に出かける回数を増やす」予定で、50%が少なくとも「3回以上」の旅行を計画していると回答しました。

日本人が予定している旅行先は「日本国内」が最も多く、2位が「米国本土」、3位が「ハワイ」でした。

近年の物価高の影響で、2023年の旅行計画を海外ではなく国内に変更した日本の回答者は29%にのぼっており、海外旅行に対し慎重であることがうかがえます。

2023年の旅行にかける総予算も、日本の回答者の平均が195,874円と世界7か国中最も低くなりました。

またゴールデンウィークに旅行するか「まだ分からない」という回答が32%で、慎重に検討している人が多いことも分かります。

なおゴールデンウィークの旅行を予定している人のうち、82%が「国内旅行」を計画しています。

日本のミレニアル・Z世代、「食」が旅行のきっかけに

日本のミレニアル・Z世代(本調査結果では1981年~2012年生まれ)の回答者は、物価高の影響を低減するために工夫して旅行を計画していることも分かりました。

31%が「より低予算の宿や旅行先」を選び、15%が「学校などの休暇期間と旅行時期をずらす」と回答しおり、全体体平均と比べてそれぞれ5ポイントほど高い結果になりました。

また「特定のレストランを訪れることを目的に旅行を計画したことがある」が52%と日本の回答者の全体平均より10%高い結果となるなど、「食」が旅行の強いきっかけになっていることがうかがえます。

「目的地に到着する前」、または「旅行の予約前」に外食の予約を入れる人は64%にのぼり、全体平均の50%を大きく上回りました。

なお「どこで食事をするか」、「何を食べるか」についてのヒントは、61%が「ソーシャルメディア」から得ることが多いと回答し、全体平均の47%を上回りました。


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

American Express International, Inc.:2023 Global Travel Trends Report: 世界7カ国で調査した、最新の旅行トレンドを発表

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる



完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに