Googleマップ、大規模アップデートを発表「イマーシブビュー」やAI・AR活用した新機能も

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

Googleは10月30日、Googleマップの大規模なアップデートを発表しました。

ルートのイマーシブビューやAI機能が導入され、ユーザーはより洗練されたナビゲーション体験を享受できるようになります。

そのほか詳細な地図ナビゲーション、EV充電情報の拡充、視覚的な検索の強化など、さまざまな機能が加わります。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

ルートのイマーシブビューが東京で利用できるように

今回発表したGoogleマップのアップデートでは、移動手段ごとにルートをプレビューできる「ルートのイマーシブビュー」が拡充されました。

イマーシブビューとはストリートビューと航空写真を融合させるとともに、それをAIで処理することで街の様子をリアルに再現できる機能です。Googleはイマーシブビューについて、「実際にある場所を訪れる前に、まるでそこにいるかのように感じることができます」と紹介しています。

たとえばサイクリングルートを選んで、目的地までのルートを多次元ビューで確認できるので、スタートからゴールまでのルートがひと目でわかります。

また、シミュレーションされた交通状況や天候に基づいて出発時刻を計画することも可能です。これにより、移動中に雨に降られたり、混雑する時間帯を避けるなど、よりスムーズな旅行ができるようになります。

▲ルートのイマーシブビュー:Google Japan Blogより
▲ルートのイマーシブビュー:Google Japan Blogより

AI技術とARを組み合わせたGoogleマップの新機能「Lens in Maps」

Googleマップの新機能として導入された「Lens in Maps」はAI技術とAR(拡張現実)を組み合わせたもので、周囲の状況を把握するのに役立ちます。

使い方は簡単で、検索バーのレンズアイコンをタップしてスマートフォンのカメラを向けるだけで、近くにあるATMや駅、レストラン、カフェ、店舗などの情報が表示されます。

はじめて訪れる地域を探索する際や、目的地の方向を確認するときに、より簡単に周囲の情報を取得できます。東京をはじめオースティン、ラスベガス、ローマなど世界50以上の都市で新たに利用できるようになったとしています。

▲Lens in Maps:Google Japan Blogより
▲Lens in Maps:Google Japan Blogより

Googleマップの配色刷新・建物表示の向上

近日中に、Googleマップのナビゲーションがより現実世界を正確に反映するようになるとともに、マップ全体の配色を刷新して近くの建物が現実世界に基づいた表示になることも発表しています。

これにより、目的地に到着する前に自分のいる場所をより正確に把握できるようになったとしています。

また、高速道路の出口前での複数の車線変更が必要な場面では、車線の詳細情報が改善されて運転がより安全になりました。より余裕を持って運転ができ、事前に道路の状況を正確に把握できるようになります。

電気自動車の充電スポット情報を拡充

電気自動車(EV)を運転するユーザーにとって、充電場所の情報は非常に重要です。

Googleマップの新機能では、Google搭載の自動車の機能に基づいて、充電器と車両との互換性、利用可能な充電器の充電速度など、充実した充電ステーション情報が表示されるようになります。

故障中の充電器が最後に使用された日時も確認できるため、ユーザーは充電ステーションの故障を避けて効率的に移動できるようになります。

これらの機能はAndroidとiOSで提供され、EVユーザーにとって非常に役立つでしょう。

AIと写真認識モデルを活用したGoogleマップの新しい検索機能

Googleマップの新しい検索機能ではAIと高度な写真認識モデルを活用し、特定の項目をマップで検索すると探しているものの写真が一番前に表示されます。

たとえば、「動物のラテアート」や「犬のいるカボチャ畑」などと検索すると、検索ワードに関連した写真が一番前に表示されます。検索結果のリストをスクロールし、気になる写真をタップして詳細を確認したら、あとはその場所に行くだけです。日常の冒険がより楽しくなるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

Google Japan Blog:新しいマップのアップデート:ルートのイマーシブビューやその他の AI 機能

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに