この記事は約4分で読み終わります。

昨年2016年のインバウンドの宿泊数は述べ7,088万人泊となり、前年比8.0%増となりました。観光庁がインバウンドの宿泊について調査を開始した2007年(平成19年)と比較すると約3倍の宿泊者数となっています。それぞれの都道府県別で見てみると都市部よりも地方の伸び率が非常に高い傾向にあることがわかります。

2016年の都道府県別外国人述べ宿泊者数(インバウンド宿泊数)

2016年の都道府県別外国人述べ宿泊者数(インバウンド宿泊数)

2016年の都道府県別外国人述べ宿泊者数(インバウンド宿泊数)

2016年のインバウンド宿泊は、日本全国で7,000万人泊の大台を超える7,088万人泊となりました。確度都道府県別に宿泊者数を見てみると、上から東京都が1,806万人泊、大阪府が1,026万人泊と、2大都市に全インバウンド宿泊のおよそ40%が集中していることがわかります。

次いで北海道が桁数を落として692万人泊、京都府が482万人泊、沖縄県が448万人泊、千葉県が346万人泊、福岡県が267万人泊、愛知県が232万人泊、神奈川県227万人泊、静岡県が158万人泊となっており、以上に列挙したTOP10でおよそ5,684万人泊となり、全員バウンド宿泊の80%を締めています。

上位TOP10を見てみると、ゴールデンルートに所属する都府県と、インバウンドにおいて定番となっている観光地・北海道などが名を連ねているなか、沖縄や福岡といった、東アジア(中国・台湾・香港・韓国)の訪日外国人観光客に人気となっている観光地が食い込んでいることがわかります。

福岡県・沖縄県の国籍別インバウンド宿泊割合

福岡県・沖縄県の国籍別インバウンド宿泊割合

福岡・沖縄の両県は、地理的に近いこともあり東アジア圏訪日客からの人気が高く、特に沖縄はウェディングツーリズム(ブライダルツーリズム)や、免税店によってインバウンド市場における人気を得ています。

宿泊数を「伸び率」で見ると順位は一変:インバウンドの地方誘致が進んでいることが伺える結果に

さて、外国人述べ宿泊者数を実数で見たときは、前述の通り、現状ゴールデンルート+インバウンドにおいて定番化している都道府県がTOP10に名を連ねていましたが、前年2015年と比較した「伸び率」で並び替えてみましょう。

2016年の都道府県別外国人述べ宿泊者数(インバウンド宿泊数)伸び率

2016年の都道府県別外国人述べ宿泊者数(インバウンド宿泊数)伸び率

すると、伸び率1位は断トツで香川県。前年比69.5%を誇っています。以前訪日ラボでも香川県のインバウンド誘致の取り組みについてお伝えしたとおり、インバウンド向け四国広域鉄道パス「ALL SHIKOKU Rail Pass」の販売や、四国八十八景プロジェクトの開始、ロケツーリズムを狙ったロケ地誘致などを実施しています。四国全体の広域観光地としてのPRに成功したことが、インバウンド人気の獲得の要因だと思われます。

続いて岡山県が63.2%増で2位にランクイン。先日「ダイヤモンドルート」PR動画がわずか2週間で合計1100万再生超えしたことをお伝えした福島が41.3%増で3位にランクインしています。

都市部と地方のインバウンド宿泊比較 出典:観光庁

都市部と地方のインバウンド宿泊比較 出典:観光庁

また三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)と、それ以外の地方部のインバウンド宿泊を比較すると、三大都市圏が前年比4.8%増なのに対し、地方部は前年比13.2%増を果たしています。全国平均値が8.0%なので、三大都市圏の伸び率が鈍化しており、逆に地方部が好調であることが如実にわかる結果となっています。

 

まとめ:データからもインバウンドの地方誘致が着々と進んでいることが見えてきた!

2016年のインバウンド宿泊数は述べ7,088万人泊となり、前年比8.0%増となりました。宿泊数実数でみれば、いまだゴールデンルート配下の都府県や主要観光地にインバウンドが集中している状況ですが、対2015年比の伸び率で見ると、明らかに地方部が伸びていることがわかります。

また、東京都の伸び率が2.8%、大阪府の伸び率が14.4%であることからも、現在のインバウンドは「西高東低」で地方が元気になりつつある、という傾向が見えてきます。

<関連>

<参考>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…