居酒屋・バー・ナイトライフの通販・越境ECに関するインバウンド事例集

居酒屋・バー・ナイトライフはどうやって通販・越境ECをインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、居酒屋・バー・ナイトライフが通販・越境ECを活用することでインバウンド集客する事例が増えています。居酒屋・バー・ナイトライフの通販・越境ECを活用した成功事例では、効果的にマーケティングを行えています。このページでは、居酒屋・バー・ナイトライフのインバウンド対策やインバウンド集客における通販・越境ECの活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×通販・越境EC事例その①:「炭火焼肉たむら」、海外ECプラットフォーム「ZENMARKETPLACE」で海外販売開始
  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×通販・越境EC事例その②:越境ECサイトを活用した清酒輸出事業~『SAKE NETWORK』
  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×通販・越境EC事例その③:「白木屋」「魚民」「笑笑」など数多くの居酒屋チェーン店を展開する株式会社モンテローザがEC参入へ

居酒屋・バー・ナイトライフの通販・越境ECによるインバウンド対策やインバウンド集客には、訪日中ではない外国人にもマーケティングできるというメリットがあります。インバウンド業界でよく用いられる用語の一つに「旅マエ・旅ナカ・旅アト」というものがあり、これはそれぞれ「訪日前・訪日中・訪日後」を表します。通販・越境ECは特に旅マエや旅アトの、日本にいないインバウンドにマーケティングをする手段として利用されています。たとえば、訪日中に気に入った食品がありこれを自分の国に帰っても食べたい、というインバウンドからのニーズがあった場合、その食品を取り扱うメーカーが越境ECサイトに出店していれば、外国人は自分の国でもその食品を手に入れられるということです。通販・越境ECを利用することで、旅アトにもマーケティングのチャンスを広げることができます。

ここでは、居酒屋・バー・ナイトライフという業界・業種における通販・越境ECによるインバウンド対策事例を紹介していきます。

居酒屋・バー・ナイトライフの通販・越境ECに関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「越境ECサイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「炭火焼肉たむら」、海外ECプラットフォーム「ZENMARKETPLACE」で海外販売開始

「炭火焼肉たむら」、海外ECプラットフォーム「ZENMARKETPLACE」で海外販売開始

「炭火焼肉たむら」、海外ECプラットフォーム「ZENMARKETPLACE」で海外販売開始

「炭火焼肉たむら」を運営する、株式会社田村道場は海外ECプラットフォーム「ZENMARKETPLACE」で自社商品の海外販売を開始しました。まずは第一段としてレトルトカレーの販売を開始。

ゼンマーケットプレイスとは、販売代行で世界135カ国に発送実績を持つゼンマーケット株式会社の運営する海外ECプラットフォーム。8カ国語対応、配送は国内まで、初期費用・月額費用などは一切かかりません。注文が成立し弊社国内倉庫に納品後に商品代金の10%をいただくのみとなっています。ノーリスクで海外向けの多言語ショップが出店できます。海外のお客様とのやり取りも含め、面倒な部分はすべて弊社で行いますので、国内通販と同じように利用できます。対応言語:英語、ロシア語、フランス語、スペイン語、ウクライナ語、中国語(簡体字/繫体字) 対応通貨:米ドル、ロシアルーブル、ユーロ、中国元、他、計16通貨 発送対応国:世界135カ国の発送実績

越境ECサイトを活用した清酒輸出事業~『SAKE NETWORK』

越境ECサイトを活用した清酒輸出事業~『SAKE NETWORK』

越境ECサイトを活用した清酒輸出事業~『SAKE NETWORK』

兼松は、株式会社MONSTER DIVEと共同で、BtoB越境ECサイト『SAKE NETWORK』を立ち上げ、2017年3月より清酒の輸出事業を開始しました。清酒輸出市場は年々拡大を続けており、海外での日本食普及などもあり今後も更なる成長が見込まれます。一方、世界の日本食レストラン数は増加しているものの、清酒の価格はまだ高く、大都市に限られるなど、普及は十分とは言えないのが現状です。清酒への正しい理解が得られていない事もその理由のひとつと考えられます。

「SAKE NETWORK」では、自前での輸出が困難な酒蔵や輸出販路を拡大したい酒蔵の清酒を、プラットフォーム上で海外バイヤーと売買し、兼松の持つ物流・海外流通チャネルに乗せて、大都市のみならず地方都市へも配送します。海外の料飲店などが清酒を直接購入することで中間マージンが排除され、且つ商社の物流機能を活用することで、清酒が求めやすい価格となります。併せて正しい日本酒知識の啓蒙も行うことで、清酒の飲用シーンを増やし普及を促進していきます。

「白木屋」「魚民」「笑笑」など数多くの居酒屋チェーン店を展開する株式会社モンテローザがEC参入へ

「白木屋」「魚民」「笑笑」など数多くの居酒屋チェーン店を展開する株式会社モンテローザがEC参入へ

「白木屋」「魚民」「笑笑」など数多くの居酒屋チェーン店を展開する株式会社モンテローザがEC参入へ

「白木屋」「魚民」「笑笑」など数多くの居酒屋チェーン店を展開する株式会社モンテローザは12月上旬より、外食したときと同じ楽しみや喜びを食卓に、というコンセプトで、インターネットショッピングモール「食卓プラス」をオープンすることを発表しました。株式会社モンテローザは、茨城県牛久市の農場で有機JAS認定を取得した100%出資子会社である有限会社モンテローザファームにより運営される農業事業を行い、生産から販売までを一貫するスタイルを徹底しています。「食卓プラス」は、安心安全な食材や加工品、飲料などを、食のプロの同社が行う通信販売サービスが特徴でです。

訪日団体旅行客の自社店舗への送客を目的に、2015年10月に「インバウンド事業部」を立ち上げ、日本文化のひとつである“居酒屋”でのご飲食サービスの提供を推進してきました。全国の居酒屋にある注文端末で「食卓プラス」人気商品を紹介するほか、従業員やメニュー表による案内なども行う予定とのこと。また、株式会社モンテローザでは、訪日外国人への対応を強化するため、海外エージェント向けの「多言語コンシェルジュサービス」もおこなっています。

「多言語コンシェルジュサービス」の概要・特徴

  • 多言語(中国語・英語・韓国語)対応可能な本部スタッフが、ご要望に応じてきめ細やかに、かつスムーズに食事を手配
  • 全国に約1,700店舗を運営する居酒屋チェーン店だからこそ、旅先の観光地や宿泊施設の周辺の地域で、ご希望の当社店舗を手配できます。
  • 夕食時間帯のご飲食サービスの利用をご希望の場合には、宿泊施設から徒歩圏内の当社店舗を本部スタッフが紹介し、食事のプランを提案。
  • 当社は、全店舗直営で運営しており、安定したご飲食サービスの提供が可能です。
  • 希望に応じて、提供するメニューをカスタムメイドすることも可能。

居酒屋・バー・ナイトライフの通販・越境ECに関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「越境ECサイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

    戻る