伝統工芸品の通販・越境ECに関するインバウンド事例集

伝統工芸品はどうやって通販・越境ECをインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、伝統工芸品が通販・越境ECを活用することでインバウンド集客する事例が増えています。伝統工芸品の通販・越境ECを活用した成功事例では、効果的にマーケティングを行えています。このページでは、伝統工芸品のインバウンド対策やインバウンド集客における通販・越境ECの活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • 伝統工芸品×通販・越境EC事例その①: 外国人目線で東北の魅力を発信する「All About TOHOKU Resorts」が越境ECサイトと連携。東北の伝統工芸品を販売
  • 伝統工芸品×通販・越境EC事例その②:「伝統工芸×越境ECサイト」プレオープン!伝統工芸品の海外販売を促進!
  • 伝統工芸品×通販・越境EC事例その③:ANAとLiveArtsが伝統工芸品のECをスタート!!

伝統工芸品の通販・越境ECによるインバウンド対策やインバウンド集客には、訪日中ではない外国人にもマーケティングできるというメリットがあります。インバウンド業界でよく用いられる用語の一つに「旅マエ・旅ナカ・旅アト」というものがあり、これはそれぞれ「訪日前・訪日中・訪日後」を表します。通販・越境ECは特に旅マエや旅アトの、日本にいないインバウンドにマーケティングをする手段として利用されています。たとえば、訪日中に気に入った食品がありこれを自分の国に帰っても食べたい、というインバウンドからのニーズがあった場合、その食品を取り扱うメーカーが越境ECサイトに出店していれば、外国人は自分の国でもその食品を手に入れられるということです。通販・越境ECを利用することで、旅アトにもマーケティングのチャンスを広げることができます。

ここでは、伝統工芸品という業界・業種における通販・越境ECによるインバウンド対策事例を紹介していきます。

伝統工芸品の通販・越境ECに関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「越境ECサイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

外国人目線で東北の魅力を発信する「All About TOHOKU Resorts」が越境ECサイトと連携。東北の伝統工芸品を販売

 外国人目線で東北の魅力を発信する「All About TOHOKU Resorts」が越境ECサイトと連携。東北の伝統工芸品を販売

外国人目線で東北の魅力を発信する「All About TOHOKU Resorts」が越境ECサイトと連携。東北の伝統工芸品を販売

総合情報サイトを運営する株式会社オールアバウトは、復興庁による「新しい東北」情報発信事業の委託をうけ、東北の魅力を外国人目線で発掘し、海外向けに情報発信を行っています。2016年12月には、東北に詳しい外国人“東北ツウアンバサダー”の独自の目線で東北の魅力や楽しみ方を海外向けに発信する情報サイト「All About TOHOKU Resorts」を開設しました。これに続き、日本の銘品を販売する越境ECサイト「NIHON ICHIBAN」と連携し、東北に詳しい外国人が選出した東北の伝統工芸品を、海外向けに販売・訴求する特設ページを2017年1月9日に開設いたしました。また同日より、当社が運営する外国人向け日本情報サイト「All About Japan」でも、週のメイン特集として東北を取り上げ、特設ページで販売する東北の伝統工芸品の情報を掲載しています。

今回連携する越境ECサイトで開設した東北の特設ページでは、越境ECサイト「NIHON ICHIBAN」の代表を務めるゾェルゲル・ニコラ氏を中心に、「All About TOHOKU Resorts」がアメリカ、英国、台湾、中国、タイの合計5つの国と地域から起用した東北に詳しい外国人“東北ツウアンバサダー”が、職人の技や想いなど、逸品がうまれるまでのストーリーを重視し、東北6県に古くから伝わる伝統工芸品を9社28商品選定いたしました。取扱商品は順次増やしていく予定です。

「伝統工芸×越境ECサイト」プレオープン!伝統工芸品の海外販売を促進!

「伝統工芸×越境ECサイト」プレオープン!伝統工芸品の海外販売を促進!

「伝統工芸×越境ECサイト」プレオープン!伝統工芸品の海外販売を促進!

株式会社KAZAANAは日本の伝統工芸品を世界の人々に届けるECサイト「BECO'S」を2018年2月2日にプレオープンしました。インターネットの登場による技術革新で、世界中の情報に誰もがアクセスできるようになりました。また、ロボットやAIの進化により、様々な商品がより安く、より大量に生み出されるようになりました。今や世界は情報と商品で溢れかえっています。そのような時代だからこそ、人々は本物を求めていると感じています。日本ではこれまで、解体され、マンションや駐車場となるしかなかった古民家や歴史的建築物がカフェやレストラン、結婚式場やホテルなどにリノベーションされて注目を集め、多くの人が集う空間へと進化しています。

伝統工芸業界は危機に瀕しており、年間生産規模は、ここ15年で5分の1の1,000億円程度にまで縮小しています(数値出典:(財)伝統的工芸品産業振興協会)。伝統工芸品と聞くと、古臭く、現代の生活スタイルには合っておらず、高価だけど使いにくい、というネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。確かに、生活環境が激変している現代において、数十年、数百年前からその用途・仕様などが変化せず、素晴らしい技術ではありながらも時代に取り残されている商品が、いまだに作られ続けているのも残念ながら事実です。しかしその一方で、新しいモノ作りに挑戦している職人も多くいます。確かに、職人の高齢化などの問題はありますが、モノ作りの技術自体が世界に比べて、著しく衰えているわけではありません。需要が明らかに縮小している日本国内にこだわらず、最初から世界に目を向けた商品の企画・販売こそ必要です。そして、作り手とお客様の距離を縮めること、流通網の再構築が必要です。我々は、そこの理念に共感していただける「挑戦的で野心的な」作り手を集めて、そのような作り手が思い切り創作活動に打ち込めるような場所を「BECO'S」で提供したいと思います。そのためBECO'Sでは、一方的な商品販売ではなく、顧客と作り手の相互交流であったり、クラウドファンディングを使った新商品の開発を連続的に行ったり、様々な仕掛けを行っていきたいと考えています。

ANAとLiveArtsが伝統工芸品のECをスタート!!

ANAとLiveArtsが伝統工芸品のECをスタート!!

ANAとLiveArtsが伝統工芸品のECをスタート!!

全日本空輸(ANA)と、ECサイトの企画・運営を手がけるLiveArtsは共同で、日本の伝統工芸品などを扱うECサイト「WAYO」を開設しました。食器や雑貨、家具など300品種、2000点以上を販売しています。早期に中国語や英語に対応し、越境ECにも取り組む計画とのことです。「WAYO」のECサイト内に、伝統工芸品の著名な制作者などを紹介するコンテンツページ「Story」を開設。日本の伝統工芸に関連する情報発信にも力を入れています。

「WAYO」のロジスティクス業務は、越境ECなどを展開しているTokyo Otaku Mode(TOM)が手がけます。TOMは商品の検品、入庫作業、商品の撮影・採寸、商品説明用の原稿作成、梱包、配送手続きなどを実施するほか、越境ECにも対応するとの頃。ANAは、新規事業創出の一環として地方創生につながるサービスを展開したいという想いから、当事業の構想に着手。投資事業などを手がけるWiLと連携し、LiveArtsを立ち上げ、「WAYO」を事業化したそうです。

伝統工芸品の通販・越境ECに関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「越境ECサイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

    戻る