都内の外国人500名に街頭調査!飲食店・インバウンド企業に向けたスマホ&紙で読んで聴ける『この一冊があれば大丈夫!飲食店が訪日外国人への接客力を上げる方法(音声あり)』最大30%OFFキャンペーン

[株式会社デジカル]

*株式会社デジカル(東京・新宿/代表取締役社長:香月登)が運営する出版社「金風舎」は、訪日外国人への接客力向上を目指す飲食店やインバウンド企業向けに『この一冊があれば大丈夫!飲食店が訪日外国人への接客力を上げる方法(音声あり)』(接客英会話レッスン「株式会社華ひらく」東京・新宿/代表:内木美樹 著)を発売。特設サイトから注文すると2017年3月末まで最大30%OFFとなるキャンペーンを実施。

特設サイト:http://www.kimpusha.com/promotion/001_mikiuchiki/

外国人500名への街頭調査からわかった「日本の飲食店への要望」

東京都の表参道、代々木、新宿、浅草で外国人500名に街頭調査を行ったところ、
日本の飲食店への要望1位は「メニュ-に英語・写真・食材情報を入れてほしい」2位「従業員の英会話力を上げてほしい」3位「店頭にも英語のメニュ-や写真を置いてほしい」4位「店内は全て禁煙にしてほしい」5位「無料Wi-Fiを設定してほしい」でした。
本書では調査結果の詳細に加え、以下の内容も掲載しています。

  • 日本と海外の接客の違い
  • 英語メニューの作り方と、人気の高いメニューの英訳集
  • よく使う接客英会話フレーズ(音声あり)
  • 訪日外国人を集客する方法

※調査は「株式会社華ひらく」が2015年11〜12月に500名の海外の方(訪日・在留・定住を含む)を対象に聞き取り調査を行いました。

単行本は1,620円(税込)
電子版は1,080円(税込)

《出版のきっかけ》



代表自ら接客英会話レッスンの講師も務める

飲食店専門の接客英会話レッスン を展開する「株式会社華ひらく」代表・ 内木美樹さん (34)。
彼女は 「外国人客にも笑顔で堂々と接客できる飲食店を増やし」「日本のファンを世界中に増やす」 ことをミッションに掲げています。そのためには「出版」を通して自分のノウハウを沢山の人に、低価格で効率的に知ってもらう必要がありました。

内木さんはかつてアメリカの大学へ留学し、卒業後はネバダ州にある有名ホテルでウエイトレスとして勤務。
その経験を元に、帰国後の2010年に会社を立ち上げ、飲食店に特化した接客英会話レッスンを始めました。
ロールプレイングをベースにゲームや音楽も用いて、週1回60分のレッスンでどんなに英語が苦手な人でも半年で接客英会話がペラペラに話せるようになる独自のメソッドを開発。オフィスは東京都新宿区に構えていますが、忙しい飲食店の方のために、レッスンは内木さんやネイティブの講師がお店に訪問しています。
次第に「実践練習が多いので自信につながった」「外国人客の来店が楽しみになった」と受講生から高い評価を得るように。

一方で、日本への訪日外国人客が増加しているとはいえ、忙しい勤務時間や受講料を割いて接客英会話レッスンを始めようという飲食店はまだ少ないのが現状。そこで、内木さんは 「出版して外国人客への接し方、集客の仕方を伝えよう!」 と一念発起したのです。
2015年、ある出版社と話が進んでいましたが、先方の都合により頓挫。自ら出版社を探し、同年秋に金風舎に出版を申し出、同社の出版・ウェブサービス「KIMP」を利用して発売することが決定。内木さんは自身の会社経営、プライベートでは長男の育児・次男の出産を経ながら執筆を続け、2017年1月12日に金風舎より電子版を発売。続く3月1日に単行本が発売となりました。

「株式会社華ひらく」の飲食店専門の接客英会話レッスンは、現在東京都内が中心ですが、出版をきっかけに内木さんの理念に賛同し、レッスンや講演の希望者が増えれば全国への拡大も視野に入れています。

《本書の2つのポイント》

①接客英会話がスマホで聴ける

従来の英会話本は、書籍にCDが付いているスタイルが多いですが、本書の電子版であれば音声サイトへすぐアクセスできるため、簡単に聴けます。

単行本はQRコードから音声サイトにアクセス

②訪日外国人の集客方法もわかる

外国人にとって入りやすいお店と入りにくいお店の違いは何か。海外の飲食店で働いた経験のある著者・内木さんだからこそわかる視点で解説します。例えば「クレジットカード対応している店は外にステッカーを貼るべき」。欧米では100円からでも気軽に使われる「クレジットカード」。「ポイントがたまるから」「経費で落としたいから」等、クレジットカードを使いたい訪日外国人がお店に入りやすくするには、お店の外の見える場所にステッカーを貼ることが有効です。

第8章「海外からのお客様を集客する方法」
第8章「海外からのお客様を集客する方法」

 

《発売記念キャンペーン》

単行本の発売を記念して、割引キャンペーンを実施します。
飲食店やインバウンド企業の教科書として、特設サイトからお買い求め下さい。
特設サイト:http://www.kimpusha.com/promotion/001_mikiuchiki/
10冊以上…10%OFF
20冊以上…20%OFF
30冊以上…30%OFF
キャンペーン期間:2017年3月31日まで
※当キャンペーンは単行本に限ります。電子版は含まれません。
※単行本をAmazonで購入した場合、割引は適用されません。

《基本情報》

●タイトル
『この一冊があれば大丈夫!飲食店が訪日外国人への接客力を上げる方法(音声あり)』

●著者
内木美樹(うちき・みき)

●発行
金風舎

●販売価格(税込)
単行本:1,620円(税込)
電子版:1,080円(税込)

●発売日
単行本:2017年3月1日
電子版:2017年1月12日

●販売
Amazon
特設サイト:http://www.kimpusha.com/promotion/001_mikiuchiki/
株式会社華ひらく:http://hana-hiraku.com

●Amazonサイト
単行本: http://amzn.asia/gfjINDn
電子版:http://amzn.asia/22PNadq

●立ち読みサイト(特設サイト内)
http://www.kimpusha.com/promotion/001_mikiuchiki/

《金風舎》http://www.kimpusha.com
金風舎は、株式会社デジカル が運営するボーンデジタル出版社です。
「読まれる本をつくる」をモットーに、現役世代にとって面白く役立つコンテンツを、今すぐダウンロードして読める電子書籍として出版しています。

当社では、はじめにAmzonKindleのKDP(ダイレクトパブリッシング)を利用して電子書籍を出版します。その後、必要に応じてGoogleBooks、iBooks、紀伊國屋書店、楽天koboなどの主要電子書店に展開し、電子出版の売れ行きに応じてAmazon POD(プリント・オン・デマンド)で出版します。

《KIMP》http://kimp.kimpusha.com
株式会社デジカルが提供する出版・ウェブサービス。
「あなたのコンテンツをふさわしいカタチで届けよう」をモットーに経営者の持つコンテンツを電子書籍・ウェブサイト・出版等、適切な媒体で世の中に発信します。

《運営会社》株式会社デジカル http://www.digical.co.jp
「読まれるモノとコトをデザインする」をモットーに、あらゆる出版物の制作と電子出版関連サービスをお客様に提供しています。
創業以来「新しい出版のカタチ」を模索し、フリーソフトやウェブメディア、スマホアプリ、電子出版など新しいメディアの研究開発に取り組んできました。
また「売れる本作りをトータルにサポートする」をテーマに編集プロダクションとしても年間300件のデザイン案件に携わり、2冊のミリオンセラー、多数のベストセラーの装丁デザインを提供してきました。
さらに2011年からは本格的に電子出版に着手。ボーンデジタル電子書籍の企画販売数としては100冊以上の実績を積み上げています。

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

【11/6〜11/13】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:トランプ氏大統領選勝利でどうなる? コト消費への各社の対応、食から始めるコト消費対応など5選

訪日ラボ編集部  

【インバウンド担当者必見】訪日ラボがインバウンド対策サービスの比較・資料請求ができる「訪日コム」をリリースしました!

訪日ラボ編集部  

【7/31〜8/6】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:訪日外国人観光客が困ることや訪日前のリーチなど5選

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 インバウンド受入整備の最新動向を解説!インバウンドマーケティング勉強会#4“旅ナカ編” Vol.2

訪日ラボ編集部PR  

【2016年8月】インバウンド関連セミナーまとめ

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 イマイチ何をしたら良いのかわからない「旅アト」をSNSと越境EC視点から解説!インバウンドマーケティング勉強会#5“旅アト編”Vol.1

訪日ラボ編集部PR  

株式会社ビジョン、株式会社ポケットチェンジと戦略的業務提携。訪日外国人旅行者を含む海外渡航者へ向け、外貨(お札・コイン)を電子マネーに交換できるサービスの展開と相互送客を実施。

訪日ラボ編集部  

訪日外国人はこうやって集める!原宿KAWAII MONSTER CAFEに学ぶFacebookを使った企業のインバウンド対策

訪日ラボ編集部  

エクスペディア グループ 2016年通期における日本のインバウンド需要の傾向を分析

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!