「インバウンドキャパシティ」から考える日本のインバウンドの将来:訪日外客数4,000万人は夢物語ではない!

「インバウンドキャパシティ」から考える日本のインバウンドの将来:訪日外客数4,000万人は夢物語ではない!

先日、「観光立国基本計画」が閣議決定され、2016年に策定された「明日の日本を支える観光ビジョン」で制定された目標値 2020年に年間訪日外客数4,000万人が基本計画に盛り込まれることとなりました。

Favicon訪日ラボ

 

インバウンド担当者なら知らなきゃマズイ!観光立国推進基本計画が閣議決定 その改定内容を解説

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

このインバウンドにおいて定められた4,000万人という目標値は、どれほどの数値なのでしょうか?他国のフランスやアメリカ、スペインと言った観光先進国と比較し、「インバウンドキャパシティ」の観点から達成可能なのかを検証してみましょう。

 

そもそも日本は観光国として何位?

2016年は訪日外客数2400万人をインバウンド宿泊数では7000万人泊を突破し、インバウンド消費額では3.7兆円まで成長した日本のインバウンド市場。今のところ右肩上がりで成長し続けていますが、世界の観光先進国と比較した場合、日本は観光国としてどれくらいの水準となっているのでしょうか。

Favicon訪日ラボ

 

【速報】2016年のインバウンドは過去最高の2403.9万人!

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

2016年のインバウンド宿泊は7000万人泊超!伸び率では香川が断トツ1位 インバウンド地方誘致が着実に進んでいることが数値からも伺える結果に:観光庁 宿泊旅行統計調査

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

【速報】2016年インバウンド消費 3兆7,476億円で前年7.8%増:中華圏シェア率若干減、1人あたり消費額減に対し訪日数増が下支え

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

日本は現状 観光先進国ランキングTOP10圏外…



観光先進国 インバウンド受入数ランキング
観光先進国 インバウンド旅行者数ランキング(2015年)

世界一の観光先進国と言われるフランスの外国人旅行者数、つまりインバウンド旅行者数はおよそ8,445万人で、日本の約4倍の数字を誇ります。次いで米国が約7,751万人、3位のスペインで6,822万人となっています。

日本は2015年のデータで約1,974万人でランキングとしては 16位 に位置しています。アジア圏で絞ったとしても、中国(5,689万人)、トルコ(3,948万人)、タイ(2,988万人)、香港(2,669万人)、マレーシア(2,572万人)に次ぐ 6位 となっています。

また、他国の2015年のデータに日本の2016年の訪日外客数(約2404万人)を突き合わせたとしても、 世界ランクでは1位上昇の15位、アジア圏では変わらず6位 のままで、ここからも観光国としては発展途上であると言えるでしょう。

 

「インバウンドキャパシティ」から考える日本のインバウンドの将来

冒頭でも触れたとおり、日本のインバウンド、ひいては観光立国のために「観光立国基本計画」において、2020年に訪日外客数4,000万人という目標が定められました。また、「観光立国基本計画」改定案目標値の元となった「明日の日本を支える観光ビジョン」においては、2020年の4,000万人だけでなく、2030年には6,000万人を目指すことが掲げられています。

さて、それでは日本のインバウンド市場はそこまでの成長の余地は残されているのでしょうか。 どれくらいの訪日外国人観光客を受け入れることができるのか、いわば「インバウンドキャパシティ」 について考えてみましょう。

インバウンドキャパシティを考える上では、本来その国の観光資源や宿泊施設数、交通機関などのインフラ、その他多数の指標から考えねばならないと思いますが、一度単純明快に「 人口 」そして「 国土面積 」からインバウンドキャパシティを考えて見ようと思います。

「人口」はおもてなしをする、ないし受け入れインフラ整備のためのマンパワーとして、「国土面積」は、どれだけ観光資源を保有できるのか、また単純な受け入れのための"ハコ"としてのキャパシティをはかるために指標として採用します。

人口から考えるインバウンドキャパシティ

マンパワーとしてのインバウンドキャパシティをはかるために 「インバウンド旅行者数÷その国の人口」から割り出した「人口インバウンドキャパシティ指数」 を見てみましょう

人口から考えるインバウンドキャパシティ:旅行者数/人口
人口インバウンドキャパシティ指数TOP20:インバウンド旅行者数÷人口

この「人口インバウンドキャパシティ指数」が 1よりも大きければ、その国の人口よりもインバウンド旅行者数の方が多い国 、という意味になります。こうしてみると、マカオが異常なほどにインバウンド旅行者を受け入れており、また、観光先進国は軒並み「人口インバウンドキャパシティ指数」が1以上であることがわかります。

対して 日本はわずか0.16 。この数字は、今回集計した「インバウンド旅行者数の実数における全世界TOP40」の国々の中でも際立って低い数値(平均1.52/最低0.006)で、集計した40カ国のなかでは 36位 となっています。

国土面積から考えるインバウンドキャパシティ

それでは、観光資源の豊富さや、"ハコ"としてのキャパシティをはかるために 「インバウンド旅行者数÷その国の面積(平方km)」から「面積インバウンドキャパシティ指数」 を割り出してみましょう。

なお、面積の算出においては観光資源として成り立ちづらい森林山岳部を除いたものを使用しています。そのため言ってみれば「観光として有効な土地1平方kmあたりに年間で何人の外国人旅行者が来たのか」という数値です。

面積インバウンドキャパシティ指数TOP20:インバウンド旅行者数÷面積(平方km)
面積インバウンドキャパシティ指数TOP20:インバウンド旅行者数÷面積(平方km)

「面積インバウンドキャパシティ指数」においてもマカオの異常値が際立ちます。2位の香港が37,845(人/平方km)なのに対して、1桁飛び越えて507,376(人/平方km)という数値を叩き出しています。

マカオはわずか28平方kmという国土に対して、年間1,430万人のインバウンド旅行者を受け入れており、前述の「人口インバウンドキャパシティ指数」とあわせて、その観光先進国としてのキャパシティの高さを伺わせます。

アジア圏では香港やシンガポールも際立って高く、次いで台湾が位置しており、これらの華僑(中国本土から海外に移住した中国人およびその子孫)が数多く住んでいる国の間では相互受け入れが盛んなのでは、とも考えられます。

日本はかろうじてTOP20入り を果たしますが、他の観光先進国と比較すれば、「面積インバウンドキャパシティ指数」においても、 まだまだ成長の余地が残されている といえるでしょう。

例えば、韓国の363という指数水準を日本に照らし合わせると、およそ4,316万人となります。韓国は、極東に位置し、また北朝鮮を挟んで大陸と分断されており、日本と似たような観光的ハンディキャップがあります。そのため、観光戦略におけるベンチマークにもなるのではないでしょうか。

 

まとめ:日本のインバウンドはまだまだ伸びしろがある

現在の日本のインバウンドの成長率から考えると、2020年の訪日外客数4,000万人は到達不可能な数値ではないことは、以下の記事でも解説しました。

Favicon訪日ラボ

 

【速報】2016年のインバウンドは過去最高の2403.9万人!

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

2017年以降、仮に2016年の前年比増加率21%に対し、年々3%ずつ増加率が減っていったと仮定した場合であっても、2020年には3,982万人まで到達し、なおかつ東京オリンピックによる底上げもあるので、訪日外客数の増加率の観点からは4,000万人はある程度手堅い数値とも言えます。

一方、日本の人口や国土面積から考えた「インバウンドキャパシティ」の観点から見れば、日本のインバウンドの成長余地はまだまだ残されていると言えます。現状では、マンパワーの効率的な活用も、国土に対する観光資源の掘り起こしも進んでいないと言え、いわゆる「オールジャパン体制」による観光立国推進ができれば、観光立国基本計画の目標値を大幅に超える成長が期待できるのではないでしょうか。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!