「パチンコはOTT(まじやべぇ)!」9割が”体験したい”と回答したパチンコ・ツーリズム。カジノに先駆けた「コト消費」としての期待とインバウンド対策事例とは?

公開日:2018年07月20日

日本でもカジノ上陸が秒読みとなりました。今月(2018年7月)22日には参議院本会議でのIR実施法案が成立しそうです。しかし日本の国内にはすでに大きなギャンブルツーリズムが存在していることをご存知でしょうか?それはパチンコ・ツーリズムです。

訪日外国人によるパチンコ・ツーリズムへのニーズは日々顕在化しており、外国人対応のパチンコホールは盛況です。欧米の旅行専門情報サイトでもパチンコは「やってみるべき体験」リストの上位に位置付けられています。

パチンコ業界がどうやって訪日外国人へのアピールを強め、実際に顧客満足度を上げているのかをまとめました。

日本でも五輪需要に向け整備進む IR(統合型リゾート)推進法:カジノ、公営賭博、パチンコ店のインバウンド対応ってどうなってるの?

海外では、観光客が立ち寄る場所として一般的な施設という印象が強い カジノに代表される賭博施設 ですが、日本では現時点でこうした合法カジノはありません。その代わりに海外にはない 公営競技という名称で呼ばれる公営賭博 、そして 風営法のもとで遊技とされるパチンコ が存在します。こうした カジノ、公営賭博、パチンコとインバウンドの関係 はどうなっているのでしょうか。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料...

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

アニメ・マンガ・J-popなどサブカルチャー経由でファンを獲得するパチンコ業界

なぜ外国人がパチンコを知っているの?という疑問に答えるのが、アニメ・マンガ・J-popなどのコンテンツ産業とタッグを組んだ日本独自のパチンコ文化です。もともと日本のパチンコは玉を打つ台に流行りのコンテンツを搭載してきました。これが外国人にウケているのです。

莫大な市場規模になりつつあるアニメツーリズム 中には22億円を稼ぎ出す自治体も:インバウンド誘致のキラーコンテンツはやっぱりアニメ?

2016年に行われたリオオリンピック・パラリンピックの閉会式にて、安倍首相が東京オリンピック・パラリンピックのPRを兼ねて世界的に知名度の高い任天堂のキャラクターである「マリオ」に扮して登場したことが世界中のメディアに取り上げられ話題になったように、 日本の魅力を語るうえでアニメ・マンガなど日本のポップカルチャーは欠かすことのできない存在 です。では、実際に日本を訪れた外国人観光客にとってアニメやマンガなどのクールジャパンコンテンツはどのように捉えられているのでしょうか。日本政策投資銀行の...

パチンコ業界大手で、全国300店舗以上のパチンコホールを経営する株式会社マルハンは北米でのプロモーション活動に力を入れています。その活動の場は北米最大のアニメイベント・ロサンゼルスで毎年開かれる『ANIME EXPO 2017(アニメエキスポ2017)』です。

観光経済新聞 kankokeizai.com 2017.8.12記事より

観光経済新聞 kankokeizai.com 2017.8.12記事より

『ANIME EXPO(アニメエキスポ)』には「パチンコ・パチスロブース」があり、そこでは多くの外国人がパチンコを体験する姿が見られました。日本のパチンコは本場のカジノのスロットに慣れたアメリカ人にとっても光・サウンド・ギミックの複雑さからハマるコンテンツのようです。

「日本に行ったらパチンコ・パチスロをやってみたいか?」とのアンケートには、なんと9割以上が「はい」と答えています。

100万人の訪日客が「聖地巡礼」を実施…「クール・ジャパン」はインバウンド地方誘致・地方創生の切り札となるか?全国の地方自治体が取り組む漫画

より多くの訪日外国人観光客を誘致するために、地域の観光資源を発掘し海外に発信している日本国内の自治体が数多く存在 しています。観光資源といってもさまざまですが、最近では漫画やアニメの舞台となった地域の自治体が、そのマンガやアニメのファンの「聖地巡礼」を促すなど、日本が世界に誇ることができるソフトパワーである「漫画・アニメ」を活用したインバウンド地方誘致・地方活性化が注目を集めています。 埼玉県秩父郡横瀬町でも同様の取り組みを行っています。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと...

「パチンコはOTT!」海外の旅行情報サイトやブロガーも日本のパチンコ体験に注目

海外の旅行情報サイトやブロガーも日本のパチンコに注目しています。パチンコホールのいわゆる「チンジャラ」という出玉の音や大音響のBGM、目くるめく光や動画・ギミックの効果は外国人にとって異次元体験のようです。

有名旅行専門ライターが執筆運営する contentedtraveller.comより

有名旅行専門ライターが執筆運営する contentedtraveller.comより

このサイト「contentedtraveller.com」にはパチンコを体験した外国人が残したコメントもあります。それは「OTT」という文言ですが、これを日本語に訳すと「Over The Top=ぶっ飛んだ体験・常軌を逸したすごいもの」の意味になります。まさに外国人にとっては自国には存在しない体験のようです。

[地方誘致]仙台市が欧米豪の誘致に成功した たった1つの理由とは?欧米豪インバウンド 狙うなら「体験型観光」に着目するべき!

インバウンド市場において企業や自治体のターゲットは多様化してきています。以前であればアジア圏出身の訪日外国人観光客がもっとも大きなターゲットでしたが、近年では 欧米豪圏・東南アジア圏出身の訪日外国人観光客を狙う企業や自治体も増加 しています。こうした層の訪日外国人観光客を誘致する方法は多岐にわたりますが、宮城県仙台市では 「体験型観光」 をアピールすることで欧米豪圏の訪日外国人観光客の誘致に成功しているようです。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプ...

目覚ましくすすむパチンコホールの訪日外国人受入れと多言語対応

こうした動きを受け、パチンコ業界でも訪日外国人観光客の受入れと多言語対応が進んでいます。

前述のマルハンでは2015年からインバウンド対応型店舗「マルハン新宿東宝ビル店」(東京都)をオープン、その後も次々に「マルハンなんば新館」「マルハンなんば本館(大阪府)」「マルハン新世界店」などでインバウンド対応(電話通訳サービスや・まんがで分かる遊技ガイドブック設置)が進んでいます。

また、訪日外国人の多い福岡や沖縄のパチンコ業界でも多言語対応が進んでいるようです。

沖縄タイムスプラス記事より

沖縄タイムスプラス記事より

まとめ:日本独特の観光資源となりつつあるパチンコ産業:意外とお金を使わない訪日外国人「コト消費」の成功事例となれるか?

訪日外国人が増えるに従いお金を使わないコト消費のための海外情報も増えつつあります。「オトクに日本を旅する」「日本で無料の体験をする」といった情報です。日本は全般に無料サービスが多く・使い勝手も良いため、こういった情報で多くのコト消費を失っているともいえます。

パチンコ・ツーリズムはコト消費の中でも確実に消費金額を増やしてもらえる体験の一つです。これはインバウンド業界において貴重な観光資源です。パチンコ産業には日本のコンテンツ産業との連携があるため、経済波及効果が大きくなるという点も見逃せません。

既に津々浦々にあるパチンコホールがインバウンド産業化する可能性を持っていることは覚えておきたいものです。

コト消費とは? 訪日外国人の消費行動がサービスや体験に移行

目次コト消費とは「コト消費」はいつから使われ始めた?インバウンドでの「コト消費」の使われ方は?なぜ「コト消費」という言葉が注目され始めたのかコト消費とはインバウンドにおける「コト消費」とは、訪日外国人観光客が旅館やホテルなどでの宿泊、観光地やアクティビティーでの体験など、経験・体験に対して価値を見出す消費行動のことをいいます。インバウンド業界のみならず、一般のニュースにおいても、訪日中国人観光客の「爆買い」というキーワードが騒がせていましたが、為替相場が元安円高傾向にふれるにつれ、訪日中国...

インバウンド対策の第一歩 多言語対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!