WHO、年末年始のイベント中止求める 「オミクロン株」拡大受け

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は12月20日、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が世界で急拡大していることを受け、クリスマスや年末年始のイベント中止を求めました。

WHO、オミクロン拡大受け年末年始のイベント中止求める

WHOのテドロス事務局長は、2021年12月20日に行われた会見で、クリスマスや年末年始のイベント中止を呼びかけました。

オミクロン株の感染が、これまでにないペースで拡大している状況を受けたものです。

WHOによれば、12月16日までの時点で89か国でオミクロン株の感染者が確認されており、各国は対応を急いでいます。

テドロス事務局長は「イベントのキャンセルは命のキャンセルより良い」、「今お祝いをして後で悲しむよりも、今はキャンセルして後で祝うほうが良い」と訴えました。

さらに、今後1年以内にパンデミックを収束させるためには、それぞれの国のリーダーだけでなく、一人ひとりが困難な決断をする必要があるとも訴えました。

2022年半ばまでにパンデミックを終わらせるためには、世界のすべての国で不平等なく人口の70%がワクチン接種を完了させる必要があるとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

WHO:WHO Director-General's opening remarks at the media briefing for Geneva-based journalists - 20 December 2021

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!