「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をさらに盛り上げます ~「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」をスローガンに、開催に向けて機運を高めます~

[日本航空株式会社]

2018 年7 月23日
第1 8 0 4 9 号

JALは、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」(以下、東京2020大会)のオフィシャルエアラインパートナーとして、開催2年前を迎える「東京2020大会」への機運を高めるべく、東京都や公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とともに、「2 Years to Go!」のスローガン、また、JAL×東京2020大会のコミュニケーションスローガン「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」(*1)に込めた思いを体現した活動を展開してまいります。
(*1)2018年4月28日付プレスリリース 「2020年とその先の未来に向けたコミュニケーションスローガン 『Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。』を決定!」http://press.jal.co.jp/ja/release/201804/004706.html

「東京2020大会」開催2年前の機運醸成に向けた取り組み

〇東京2020マスコットを描いたデカール機が就航
2018年7月22日に正式発表された東京2020マスコットである「ミライトワ」、「ソメイティ」のデビューを記念して、7月24日より東京2020マスコットを描いたデカール機が就航します。国内各地に就航し、空からも「東京2020大会」を応援します。

機材: 「ボーイング777-200型機」
就航地: 東京(羽田)・大阪(伊丹)・札幌(新千歳)・福岡・沖縄(那覇)など
就航開始日: 2018年7月24日(火)

参考:デカール機イメージ

参考:デカール拡大

〇「2Years to Go!」 羽田空港エアポートドレッシング
2018年7月24日~9月6日まで、羽田空港国内線第1ターミナルにて「東京2020大会」2年前をテーマにした大規模な空港装飾を行います。JALがサポートする「東京2020大会」を目指すアスリートの横断幕や東京2020マスコットを活用した展示などを展開します。

                                         エアポートドレッシング イメージ  

○2Years to Go! JALスペシャルイベントin羽田空港
2018年7月28日~29日には羽田空港国内線第1ターミナル2階の中央イベントスペースにスペシャルゲストをお招きし、VRフェンシング体験やその場でJALネクストアスリートマイルへ寄付すると抽選会に参加できるイベント、2018年7月30日~31日にはもれなく賞品が当たる抽選会イベントを行い、東京2020大会への機運を高めます。

〇新着情報は随時、下記HPにて公開していきます。
「Fly for it!一緒なら、もっと飛べる。」 特設WEBサイト http://www.jal.com/ja/flyforit/
以上

JALは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルエアラインパートナーです。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!