中国人の海外旅行候補地、日本が1位 新年の旅行計画調査にて

マーケティングソリューション企業のDragon Trail Internationalが1月13日に発表した最新の調査によれば、中国人の2022年の旅行計画で、目的地の1位に日本がランクインしました。

中国人の2022年の旅行計画、日本が1位

Dragon Trail Internationalは、海外旅行経験のある1,045人の中国人を対象に、2022年の旅行計画について調査しました。

調査は2021年12月に実施され、その結果が2022年1月13日に発表されました。

回答者の78%が新年の海外旅行を検討しており、55%は具体的な目的地の候補があり、海外旅行が可能になれば行く予定があると答えました。

さらに17%は具体的な日程も検討しており、海外渡航規制が解除されるのを待っている状態だと答えました。

実際に次回旅行の予約まで行ったのはわずか12人で、全体の1%にとどまりました。

旅行先として最も多く挙げられたのは「日本」で、177票を獲得して全体の17%を占めました。

候補地の中で2桁のパーセンテージを獲得したのは日本のみで、タイとオーストラリアがそれぞれ8%、フランスが7%、韓国が6%となっています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

TTG ASIA:Chinese consumers make move on travel plans for 2022





関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!