外国人が多く住む自治体トップ50!2位は新宿区、1位は?【2023年最新版】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2022年10月の水際対策緩和以降、訪日外国人観光客の数は急速に回復しており、ほぼコロナ前の水準に達しています。

では、日本に住む「在留外国人」も、同じようにコロナ禍の収束によって増えているのでしょうか。また、在留外国人が多く住む都道府県や自治体はどこで、どの国籍の外国人が多いのでしょうか。

本記事ではこうした疑問について、最新のデータに基づいて解説します。

無料レポート配布中!外国人が殺到する渋谷の飲食店をチェック

在留外国人は322万人 どこの国が多い?

出入国在留管理庁によると、2023年6月末時点での在留外国人数は322万3,858人で、2022年末に比べ14万8,645人増加したことがわかりました。

前年末に比べ4.8%の増加となりました。コロナ禍で在留外国人は一時的に減少しましたが、2022年以降は増加傾向にあり、すでにコロナ前(2019年)の時期よりも多くなっています。

▲在留外国人総数の推移:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成
▲在留外国人総数の推移:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成

※2022年以前は各年末時点でのデータ、2023年のみ最新の6月末時点でのデータを採用。

在留外国人を国籍別でみてみると、中国が78.8万人で最も多いことがわかりました。次いでベトナム(52.0万人)、韓国(41.2万人)、フィリピン(31.0万人)、ブラジル(21.1万人)となっており、近隣のアジア諸国が大きな割合を占めていることがわかります。

▲国籍別 在留外国人数:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成
▲国籍別 在留外国人数:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成

在留外国人が多い都道府県、1位は東京都

では、在留外国人はどの地域に多く住んでいるのでしょうか。まずは都道府県単位でみていきます。
▲在留外国人が多い都道府県ランキング:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成
▲在留外国人が多い都道府県ランキング:出入国在留管理庁「令和5年6月末現在における在留外国人数について」より訪日ラボ作成

1位は東京都で62.7万人です。これは2位の愛知県の29.7万人の2倍以上にあたり、人数では東京が突出していることがわかります。3位以降は大阪府、神奈川県、埼玉県、千葉県、兵庫県と続いていきます。関東、関西地方の都府県が上位を占めていることがわかります。

割合でみると、東京都の62.7万人は全体の322.4万人の約2割を占めています。また関東地方の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を合わせると129.8万人で全体の約4割に、関西地方の大阪府、兵庫県、京都府を合わせると48.4万人で全体の15.0%になります。

在留外国人が多い自治体(市区町村)、1位は埼玉県川口市

次は市区町村単位で在留外国人数をみていきます。出入国在留管理庁が発表している「在留外国人総数上位100自治体」から上位50の自治体を抜粋しました。

▲在留外国人が多い市区町村ランキング※上位50市区町村抜粋:出入国在留管理庁「(別表)在留外国人総数上位100自治体」(2023年6月16日最終更新)より訪日ラボ作成
▲在留外国人が多い市区町村ランキング※上位50市区町村抜粋:出入国在留管理庁「(別表)在留外国人総数上位100自治体」(2023年6月16日最終更新)より訪日ラボ作成
1位は昨年と同じく、埼玉県川口市となりました。川口市は人口の約6.7%が外国人で、中国人をはじめベトナム、フィリピンなどアジア系の外国人が多く住んでいます。都心へのアクセスが良い割には住宅費が安いことや、外国人市民の生活支援に力を入れていることなどが要因となり、多くの外国人が集まっています。

2位と3位も昨年と同様で、2位が東京都新宿区、3位が東京都江戸川区となりました。4位以下には足立区、江東区、板橋区(いずれも東京都)、大阪市生野区と続きました。

東京以外で在留外国人が多い市区町村は?

東京都以外で1位の川口市の次に在留外国人が多いのは、7位の大阪市生野区です。生野区の在留外国人のうち67.1%が朝鮮・韓国系の外国人であり、新宿区新大久保に並ぶ大きな韓国系住民のコミュニティとなっています。

東京都以外では次に15位の愛知県豊橋市がランクインしています。製造業を中心に、外国人を雇用する企業が多くあることや、教育面などをはじめとする公的支援が充実していることなどが要因となっています。

続く千葉県船橋市は川口市と同様に、都内へのアクセスが良い割に住宅費が安いため、アジア系を中心に多くの在留外国人が集まっています。学費や生活費を稼ぎながら日本語学校に通う学生にとっては、船橋市にはアルバイト先が多くあることも好条件となっています。

東京23区で最も在留外国人が多いのは新宿区

ここまでみてきたように、東京都には突出して多くの在留外国人が住んでおり、また東京23区には特に密集していることがわかりました。ここでは東京23区内で、どの地域にどの国の外国人が多く住んでいるかをみていきます。

▲東京23区内の在留外国人総数と国籍別人数:東京都総務局統計部「外国人人口 令和5年 10月  第1表  区市町村別国籍・地域別外国人人口(上位10か国・地域)」より訪日ラボ作成
▲東京23区内の在留外国人総数と国籍別人数:東京都総務局統計部「外国人人口 令和5年 10月 第1表 区市町村別国籍・地域別外国人人口(上位10か国・地域)」より訪日ラボ作成

1位は昨年に引き続き新宿区となりました。2位も昨年と同じく江戸川区です。リトルインディアと呼ばれる西葛西を抱える江戸川区は、インド人住民の数が他の区に比べ圧倒的に多くなっています。外国人学校などの生活基盤も年々整備が進んでおり、外国人が住みやすい環境が整えられていることが要因です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

出入国在留管理庁:令和5年6月末現在における在留外国人数について

出入国在留管理庁:(別表)在留外国人総数上位100自治体

東京都総務局統計部:区市町村、国籍・地域別外国人人口

川口市:川口市に住む外国人のこと知ろう!

大阪市:住民基本台帳人口・外国人人口 令和5年9月末日現在 外国人住民区別国籍別人口

総務省:豊橋市における多文化共生 の取組について

船橋市:国籍別人員表(令和5年)

訪日ラボおすすめセミナーのご紹介

訪日ラボでは、インバウンド対策に課題を抱えるご担当者様向けに、お悩み・課題解決を支援すべく、無料のオンラインセミナーを実施しています。

3/13(水)開催「外国人向けプロモートのイロハを学ぶ」無料オンラインセミナー


訪日外客数が順調に回復を続ける中で、競争が加速する「訪日外国人の集客」。

企業・自治体様の中では、どのタイミングで、どのような施策を行うと効果的に外国人集客を増やせるか、模索されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本への「旅行後」の経験に着目をし、訪日プロモーションを加速させることに成功したJAMS.TV Pty Ltdと共催セミナーを開催いたします。オーストラリアで来場者数10,000人を超える大型イベントを企画・運営を行う上で、どのようなポイントをおさえて施策を設計し、実行していったのか。

試行錯誤の上で見えてきた「訪日プロモーションのポイント」を事例をもとに分かりやすくお伝えいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

『外国人向けプロモートのイロハを学ぶ〜オーストラリアで1万人の日本ファンを集めた仕掛け〜』

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに