ビジネスホテル・リゾートホテルのインフルエンサー活用に関するインバウンド事例集

ビジネスホテル・リゾートホテルはどうやってインフルエンサーをインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、ビジネスホテル・リゾートホテルがインフルエンサーをインバウンド集客で活用する事例が増加しています。インフルエンサーを用いたビジネスホテル・リゾートホテルのプロモーションの成功事例では、インバウンドに関連するデータを、収集し解析することで効果的なインバウンド対策を実施できているようです。

このページでは、ビジネスホテル・リゾートホテルのインフルエンサーのインバウンド対策やインバウンド集客における活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • ビジネスホテル・リゾートホテル×インフルエンサー事例その①:YouTuberが紹介し「日本は未来を生きている」と話題になった東京のカプセルホテル/訪日外国人の新しい宿泊形態に?
  • ビジネスホテル・リゾートホテル×インフルエンサー事例その②:マリオット・ホテル、英の人気俳優を起用したインフルエンサーPR/臨場感あふれる映像でインバウンドへアピール
  • ビジネスホテル・リゾートホテル×インフルエンサー事例その③:日英YouTuberが仙台の豪華リゾートホテルを紹介

インフルエンサーを活用したビジネスホテル・リゾートホテルのインバウンド対策やインバウンド集客のメリットは、ターゲットとする客層に効率的にプロモーションできることや、顧客に見てもらいやすいということです。PRを行いたい客層に人気のあるインフルエンサーを起用すれば、そこに焦点をあててプロモーションを行えます。また、広告があふれる現代において企業からのPRや情報発信をよく思わない顧客も多くいますが、顧客にとって親近感のあるインフルエンサーが紹介することで、嫌悪感を抱かせることなくPRできます。

ここでは、ビジネスホテル・リゾートホテルという業界・業種におけるインフルエンサーを活用したプロモーションの事例を紹介していきます。

ビジネスホテル・リゾートホテルのインフルエンサー活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

YouTuberが紹介し「日本は未来を生きている」と話題になった東京のカプセルホテル/訪日外国人の新しい宿泊形態に?

TOKYO CAPSULE HOTEL TOUR YouTubeより

TOKYO CAPSULE HOTEL TOUR YouTubeより

ある人気YouTuberが2017年12月に投稿した、カプセルホテルでの宿泊の様子を撮影した動画が世界で話題になっています。

動画を撮影したのは人気YouTuberのMiss Minaです。ミーナは香港やベトナム、タイ、アメリカなど世界各地を巡り、旅先で動画を撮影して投稿しています。そんな彼女が日本を訪れ、最初の夜に泊ったのは東京のカプセルホテルでした。

ミーナが泊まったのは、新大久保駅の近くにあるカプセルホテル「ninehours Shinjuku-North(ナインアワーズ北新宿)」です。9hoursとは、滞在時間をシャワー1時間、睡眠7時間、身支度1時間で計9時間とするナインアワーズの考え方です。ナインアワーズは従来のカプセルホテルのイメージとは違う、スタイリッシュで高品質な内装を備えています。

ミーナは、このナインアワーズでの宿泊を「星の中を漂う宇宙船のなかにいるように感じた」と言っています。暗い館内に小さな部屋の明かりがいくつも点いている様子が、そのように感じられたのだと思われます。

カプセルホテルは現在日本から海外にも広まりつつありますが、そのめずらしさや近未来的な内装が話題を呼び、動画は再生回数が2100万回を超えています(記事執筆時点)。コメント欄には「日本は未来を生きている」「行ってみたい」というようなコメントがみられました。ホテル不足が続く日本で、カプセルホテルは新たな宿泊のスタンダードとなるのでしょうか。

マリオット・ホテル、英の人気俳優を起用したインフルエンサーPR/臨場感あふれる映像でインバウンドへアピール

24 Hours In Tokyo YouTubeより

24 Hours In Tokyo YouTubeより

世界最大のホテルチェーン・マリオット・インターナショナルが手掛けるマリオット・ホテルは、ホテル業界内でもいち早くインフルエンサーを取り入れてプロモーションを行ってきました。

マリオット・ホテルがインフルエンサーとコラボレーションして作成したPR動画のなかに、2015年5月に公開された「24 Hours In Tokyo」があります。この動画はイギリスの俳優にして人気インフルエンサーのジャック・ハリーズ(Jack Harries)とのコラボレーション動画で、再生回数130万回を超える人気動画となりました(記事執筆時点)。ジャック・ハリーズはYouTube公式チャンネル「JACKSGAP」のチャンネル登録数が400万を超える人気インフルエンサーで、動画には非常に多くのコメントが寄せられています。日本が外国人目線で紹介されるため説得力があり、インバウンドに効果が期待できます。

動画は「24 Hours In Tokyo」というタイトルですが、24時間東京で過ごすわけではありません。温泉に入る猿が有名な、長野県の地獄谷などにも足をのばしています。電車や新幹線を使い各地で遊んでから、夜はマリオット・ホテルに宿泊するという流れになっています。

映像はジャック自ら頭にカメラをつけて撮影されました。そのため映像はちょうどジャックの目線ぐらいの高さから撮られています。まるで自分がその景色を見ているかのような、臨場感たっぷりの映像です。

日英YouTuberが仙台の豪華リゾートホテルを紹介

What does a $3000 Japanese Hotel Room look like? YouTubeより

What does a $3000 Japanese Hotel Room look like? YouTubeより

イギリス人のクリスというYouTuberが運営するYouTube公式チャンネル「Abroad in Japan」では、日本に関するさまざまなテーマの動画を制作し、公開しています。内容は「日本でやってはいけない10のこと」「東京のカプセルホテルでの滞在」「日本で旅行するのにいくらぐらいかかる?」など多岐に渡り、外国人目線で日本の食べ物や習慣、訪日旅行などについて説明しています。

クリスはリョウタロウという日本人男性とタッグを組んで、動画を撮影します。2017年8月に2人が投稿したのは、「What does a $3000 Japanese Hotel Room look like?(3000ドルの日本のホテルの客室はどんな感じ?)」という動画です。2人は宮城県仙台市のリゾートホテル・仙台ロイヤルパークホテルを訪れ、その様子を撮影しました。

仙台ロイヤルパークホテルは仙台市のリゾートホテルで、宿泊客はサイクリングツアーやグランピングなども行えます。クリスが投稿した動画では、それに加え近隣でパラグライダーやウォータージャンプなどのアクティビティも行っていました。

ホテルの客室はというと、シャンデリアがついた会議室、キングサイズのベッドが2つもある寝室を備えており、その豪華さに驚きながらクリスとリョウタロウは「もはや家みたいだ」と紹介していました。

ビジネスホテル・リゾートホテルのインフルエンサー活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る