国慶節 訪日中国人は何買った?「中国産がない」が火をつけた!? サントリー「山崎」が初の口コミランキング1位に!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

こんにちは、トレンドExpressです。月初には中国の大型連休「国慶節」がありましたが、同期間におけるWeChatを利用した地域別支払い金額では、東アジアが東南アジアに次いで2位となったようです。政治的な逆風のため韓国人気が伸び悩む中、日本が健闘した形ではないでしょうか。

さて今回お届けするのは、海外消費も盛り上がった「国慶節」期間を含む、9月27日〜10月3日の1週間を対象に、中国のSNS「新浪微博」での日本旅行に関するクチコミランキングです。

日本で「買った」トップ10

1位「山崎」、2位「白い恋人」、3位「moony」となりました。

日本政府は10月1日より インバウンド旅行客に対する酒税の免税を予定しており、中国のニュースサイトでも話題 となっていました。これを受けてか サントリーのウイスキー「山崎」がランキング登場以来、初の1位 を獲得しました。

2位の「白い恋人」はお土産として持ち帰るのでしょうか。3位となった「moony」はこの2週間で連続1位を獲得するなど、国慶節前から順位変動が起こり、季節要因や訪日中国人の情報収集、購買傾向に変化が起きていることを感じさせる結果となりました。

6位「ガム・デンタルブラシ」は今年の春節以降ランキング順位を上げ、最高2位にまで上り詰めています。「食べ物」「医薬品」「粉ミルク」など、これまでも口に入る製品の海外ものが人気となるのは定番でした。「衣・食」の水準が安定し、「健康」に目線が移っていくこのタイミングで、口腔ケアはまさに中国人消費者のニーズが高まるのではないでしょうか。

ウイスキーは「国産」がない!

今年も早残り約2か月。寒い年末年始、自宅でのんびり一年を振り返る際、また新年のお祝いの場面でお酒を飲む方も多いのではないでしょうか。中国では春節期間に新年のお祝いをしますが、伝統的に 「白酒」 が贈り物や祝いの席での飲み物に選ばれています。一方で、今年は中国の酒専門ECにとって試練の期間となったようです。各メーカーの白酒の値上げ が相次ぎ、ECサイトでの売上は拡大したもののその戦略がうまくいかず上場廃止に追い込まれた酒専門のECサイトもあったと、現地では報じられています。

強風が吹き荒れるかのような、波乱含みの中国の酒類市場、山崎はこれを勝機とできるのでしょうか。SNS新浪微博での話題性を測る「微指数」から確認してみると、「ウイスキー」はこの半年では8月末、9月下旬に盛り上がりを見せています。 それ以外では話題性は低いですが、この二度の盛り上がりでは「白酒」に勝るとも劣らない指数を計上しています。ポテンシャルは十分なのではないでしょうか。

「シングルモルト」にこだわる

「ウイスキー山崎」についてのクチコミを見てみると「落ち込んだ時はウイスキーを二杯。一杯の山崎、一杯のシングルモルト(編集部注、シングルモルトが山崎を指すのか別のブランドのものを指すのかは不明)」、「山崎は中国人の口に合う」といったコメントがあり、通常の山崎だけでなく12年、18年、25年、また蒸留所限定の商品の写真がアップされていました。「中国にも世界的に有名なウイスキーがあればいいのに」とその品質を羨望するかのような投稿も見られ、ワインとは異なり 「国産ではまだ味わえないジャンル」の酒と認識されている ことがわかります。

また「響」は昨年2016年の春節の際に一度ランキングに現れましたが、その後クチコミは減ってしまったようでランキング圏外となっています。シングルモルトである「山崎」のほうが、白酒を飲みなれている中国人の口には合う、ということなのかもしれません。実際に山崎について書き込む際「シングルモルトの…」という単語と一緒に紹介しているユーザーもちらほら見かけます。酒類への知識欲も同時に満たせるアイテムなのかもしれませんね!

実は女性にも人気? おつまみは自由に

ウイスキーといえば「一人で」あるいは複数でもバーなどで「静かに」飲むものをイメージする方も多いのではないでしょうか。中国では実際には誰がどんな飲み方をしているのか、確認してみました。

医大を出ている女性は「金曜。早起きして、ジム、そして山崎、最愛の火辣鶏爪」とコメントを付けて、ピンク色のジュースで割って飲んでいます。またワンホンと思しき女性は、白で統一した服装を着た仲間と「今日は鶏肉、ザクロ、ミルクレープと山崎!入れ物は白磁の茶器」とパーティシーンに山崎を添えています。「濃くておいしい!残りは苺ウイスキーにしよう!」と瓶に入れた苺を山崎にひたすのもまた女性です。中国人消費者は思い思いの形でウイスキーを楽しんでいることがわかります。

生活の楽しみは年中無休。自由な楽しみ方を背景に、年末年始に限らずインバウンド旅行客にこれからもウイスキー人気は広まっていきそうです。

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

トレンドExpress

トレンドExpress

中国トレンドExpress編集部。Webメディアの中国トレンドExpressでは中国向けマーケティングに役立つ様々な情報を発信中。サイトコンセプトは「あなたの中国マーケティングコンシェルジュ」。本コーナーでは主に中国版Twitterの「新浪微博」の日本関連の書き込み件数ランキングについてとりあげ、実際の書き込みを紹介しながら訪日中国人の消費者心理にせまります。