[3/2・無料]ウィズコロナ時代の今こそやるべき、中国市場向けSNS活用法を徹底解説!WeChat、Weiboの最新事例を紹介:訪日ラボ×ピアラ×ACD共催セミナー

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今もなお訪日外国人観光客の客足は止まった状態が続いています。

一方、世界的に渡航が制限されている現在は、見方を変えれば旅マエの情報収集の期間が長く続いているということでもあり、旅好きの訪日潜在層は今も日本の情報を探しています。

したがって、今このタイミングでの海外に向けたPRは止めるべきではなく、むしろ積極的に行うチャンスともいえるでしょう。

今回訪日ラボは、ECマーケティング支援企業のピアラ、WeChatを活用したインバウンド向けソリューションを提供するACDとセミナーを共催します。

本セミナー、ウィズコロナ時代の今こそやるべき、中国市場向けSNS活用法を徹底解説!WeChatWeiboの最新事例を紹介」はオンラインで開催され、参加費は無料です。

なお、本セミナーには定員があります。ご関心をお持ちの方はお早めにご参加をご検討ください。

このセミナーに参加申し込みする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

ウィズコロナ時代の今こそやるべき、中国市場向けSNS活用法を徹底解説!WeChat、Weiboの最新事例を紹介

本セミナーは3部構成となっております。それぞれの講演内容をご紹介します。

第1部:訪日ラボ(株式会社mov)(15:00〜15:30)

■ ウィズ/アフターコロナの中国市場を解説。中国人はどのように日本の情報を収集しているか

直近の中国の国内観光の様子、消費動向を解説し、次に訪れるであろう訪日中国人市場のトレンドを予測します。

いち早く感染収束を迎えた中国では今何が起きているのか、そして日本のどんな情報を求めているのかを解説します。

また、中国で使用されている各種SNSの概要をご紹介し、SNSにおける情報発信の重要性について整理します。

第2部:株式会社ピアラ(15:30〜16:00)

■ 中国SNS(微信WeChat微博Weibo)の効果的活用方法とは

微信WeChat微博Weiboを中心とした、それぞれの中国SNSの特徴と日系企業が抱える中国SNS活用問題を、100社以上の豊富な中国SNSの導入・運用実績から最新の情報をご紹介します。

  • 基本的な各SNSの機能説明
  • 各SNSの特徴、役割、できること
  • 各SNSの効果的な運用のコツや導入事例

第3部:株式会社ACD(16:00〜16:30)

MAU10億人以上のSNSでマーケティングを。中国で最も利用者が多いWeChatによる、認知拡大~マネタイズまでの活用事例

中国では多くのSNSがあり、それぞれに特徴があります。

多くの種類があるが故に自社サービスにあったSNSの選択が出来ないと十分に効果を発揮する事は出来ません。

まずは、自社のサービスが「誰に」「どんなところに」興味を持ってもらえるかをマーケティングする必要があります。

複数あるSNSの中で最初のマーケティングに適しているのはWeiboWeChatになりますので、ACDからは特にWeChatに関して事例をベースに紹介するのと、WeChat内に新たにできた機能“チャンネル”に関してもご紹介致します。

このセミナーに参加申し込みする

登壇者のご紹介

本セミナーの登壇者をご紹介します。

株式会社ピアラ トレーディング本部 本部長 小野 真 氏

東京造形大学在学中に家具の企画販売を行う株式会社リグナの共同設立を経て、2003年:WEBサイト、ECサイトの企画・制作業務を行う株式会社ジョイプロモ―ションを立ち上げ独立。

その後2011年:株式会社ピアラに合流し、2013年から中国子会社の比智(杭州)商貿有限公司 董事 総経理として6年間上海にて、主に日系企業様のEC(天猫/淘宝等)や、SNS(微信/微博)などの企画、制作、運用、広告などトータルサポートを行う。

2020年より日本(東京本社)にて国内外のマーケテイング業務に携わる。


株式会社ACD WeSearch事業部 リーダー 松本 舜太 氏

大学卒業後、営業支援の企業に入社。100社以上に対し営業戦略の立案・実働サポートの経験を積み、

Webマーケティング企業に転職。Web周りの戦略・広告事業を担当。

2018年より株式会社ACDに入社。以来、150社以上の越境ECへの出品におけるサポート・中国向けプロモーションの提案・WeChatミニプログラム開発の提案など中国に関わる事業に従事している。

株式会社mov 訪日ラボ 副編集長 岡安太志

大学卒業後、ヘッドハンティング会社に入社。

自動車部品メーカー、IT、食品、物流、建設、サービス業界などを担当し、経営者との折衝や幹部人材の斡旋を行う。

名古屋拠点、東京本社を経験し、累計100名以上の移籍を手掛ける。

2019年株式会社mov入社。現在はインバウンド業界最大級のメディア「訪日ラボ」の副編集長として、インバウンド業界の最新動向に関する記事の企画・編集・執筆に関わる。

このセミナーに参加申し込みする

開催概要

開催概要は以下の通りです。

  • 日時:2021年3月2日(火)15:00~17:00(15:00〜16:30 講演、16:30〜17:00 質疑応答)
  • 会場:Zoomウェビナー ※開催前日までに申し込みメールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。
  • 参加費:無料
  • 定員:300名(先着順)
  • 主催:株式会社ピアラ・株式会社ACD・訪日ラボ(株式会社mov)
  • お申込:セミナーの参加お申し込みはこちらからどうぞ。

※同業他社様、競合他社様のご参加は原則お断りさせていただいております。

こんな方におすすめ!

  • 中国市場向けにSNS施策を検討している方
  • コロナ収束後を見据えた情報発信の手段を探している方
  • WeChat、Weiboを使ったインバウンド向け施策の最新動向を知りたい方

このセミナーに参加申し込みする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに