JNTO、観光客向けサイトに「タイ語」ページ追加 高まる訪日需要を考慮して

日本政府観光局(JNTO)は2021年、全国各地の体験型観光コンテンツを紹介する観光客向け公式サイト「Experiences in Japan」にタイ語ページを追加しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

ExperiencesinJapanとは

日本政府観光局(JNTO)が運営する「Experiences in Japan」では、観光客の目的別に全国各地のアウトドア、芸術、料理、自然、リラクゼーション、伝統、都会での体験型観光コンテンツが検索できます。

現在日本語を含め6カ国語で提供されており、今回の変更でタイ語が新たに加わりました。

タイ語が加わった背景として、JNTO 訪日旅行誘致ハンドブック 2021(東南・南アジア7市場編)に記載があるように、タイ人の旅行先での関心事は多様化しつつあることが考えられます。

訪日タイ人が「次回の訪日旅行でやってみたいこと」として、「スキー・スノーボード(24.9%)」、「自然体験ツアー・農漁村体験(22.4%)」、「日本の日常生活体験(20.7%)」があげられました。

このように、タイ人の中にも体験型の観光にも関心を持っている人が一定数存在することから、体験型観光コンテンツを紹介する「Experienxces in Japan」に掲載されたと考えられます。

また、同時にウィズ・コロナ時代のニーズにも対応した観光コンテンツを約500件を追加して掲載しました。

今後はタイ市場を見すえた体験型コンテンツの開発、そしてウィズ・コロナの時代に合った観光コンテンツが求められそうです。

▲Experiences in Japanタイ語公式サイトのスクリーンショット
▲Experiences in Japanタイ語公式サイト:編集部キャプチャ


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
JNTO:Experiences in Japan
JNTO:JNTO 訪日旅行誘致ハンドブック 2021(東南・南アジア7市場編)タイ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!