レストラン・カフェのインフルエンサー活用に関するインバウンド事例集

レストラン・カフェはどうやってインフルエンサーをインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、レストラン・カフェがインフルエンサーをインバウンド集客で活用する事例が増加しています。インフルエンサーを用いたレストラン・カフェのプロモーションの成功事例では、インバウンドに関連するデータを、収集し解析することで効果的なインバウンド対策を実施できているようです。

このページでは、レストラン・カフェのインフルエンサーのインバウンド対策やインバウンド集客における活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • レストラン・カフェ×インフルエンサー事例その①:カナダのYouTuber夫婦、ミシュラン3つ星寿司屋「鮨 さいとう」を紹介/再生回数860万超、海外からも大反響
  • レストラン・カフェ×インフルエンサー事例その②:カナダのYouTuber夫婦が東十条の人気やきとん屋を紹介
  • レストラン・カフェ×インフルエンサー事例その③:初メイドカフェに夫は引き気味、妻は大興奮!カナダのYouTuber夫婦が秋葉原の「@ほぉ~むカフェ」を紹介

インフルエンサーを活用したレストラン・カフェのインバウンド対策やインバウンド集客のメリットは、ターゲットとする客層に効率的にプロモーションできることや、顧客に見てもらいやすいということです。PRを行いたい客層に人気のあるインフルエンサーを起用すれば、そこに焦点をあててプロモーションを行えます。また、広告があふれる現代において企業からのPRや情報発信をよく思わない顧客も多くいますが、顧客にとって親近感のあるインフルエンサーが紹介することで、嫌悪感を抱かせることなくPRできます。

ここでは、レストラン・カフェという業界・業種におけるインフルエンサーを活用したプロモーションの事例を紹介していきます。

レストラン・カフェのインフルエンサー活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

カナダのYouTuber夫婦、ミシュラン3つ星寿司屋「鮨 さいとう」を紹介/再生回数860万超、海外からも大反響

鮨 さいとう YouTubeより

鮨 さいとう YouTubeより

カナダ人夫婦のSimonとMartinaは、2人でYouTubeの公式チャンネル「Simon and Martina」を運営しています。2人は7年間韓国で暮らしたあと日本に来て、グルメや旅行、アクティビティなどをテーマにした動画を公開しています。

チャンネル登録数136万を超える人気YouTuberである2人は、2016年に動画で日本のある寿司屋を紹介しました。動画は大人気で、現在その再生回数は860万回を超えています(記事執筆時点)。

2人が訪れたのは東京・六本木の寿司屋「鮨 さいとう」です。「鮨 さいとう」は、2010年以降7年連続でミシュラン3つ星を獲得している日本を代表する寿司店です。店内は8つのカウンター席のみで、予約がとれないことでも知られています。

サイモンとマルティナは寿司を味わうだけでなく、朝一番で築地に行き、マグロを仕入れるところから同行したといいます。2人は築地市場のなかでも観光客が立ち入るのを許されていない場所にも入ることができ、その様子を紹介しました。

その後は店でマグロを食べます。サイモンとマルティナはそのおいしさと美しさに感動しながら寿司を食べていました。

動画には海外から多くのコメントが寄せられました。「彼(店主の斎藤氏)は料理人ではない。芸術家だ。」というコメントや、「日本人はすごい文化を持ってるんだな・・・」といったコメントがみられました。

カナダのYouTuber夫婦が東十条の人気やきとん屋を紹介

焼きとん埼玉屋 YouTubeより

焼きとん埼玉屋 YouTubeより

The Master of Grilled Meat」という英語のタイトルで公開されたこの動画は海外で話題になり、再生回数は280万回を超えています(記事執筆時点)。

「東十条埼玉屋」は全国からその味を求めて客が訪れる大人気のやきとん屋で、店主の押しが強いのが有名です。はしご酒禁止(酔った状態での来店禁止)・店では必ずアルコールを飲むこと、など店主独自のルールがあり、それに従えない人は追い返されてしまうということです。

「東十条埼玉屋」の特徴は、客が好きなメニューを好きな量だけ注文するのではなく、なにも言わなくても店主おすすめの串焼きが9~10本ほど出てくるので、それを食べるということです。全部食べきれない人はこれまた追い返されてしまうということですが、その味は格別だといいます。

普段は写真撮影も禁止している「東十条埼玉屋」ですが、サイモンとマルティナは特別に許可を得て、店主へのインタビューなどもおりまぜながら店内の様子を紹介しました。店主おすすめの9本コースには豚だけでなく牛や鶏も入っていて、バラエティーに富んでいます。

初メイドカフェに夫は引き気味、妻は大興奮!カナダのYouTuber夫婦が秋葉原の「@ほぉ~むカフェ」を紹介

Our First Maid Cafe YouTubeより

Our First Maid Cafe YouTubeより

カナダ人の人気YouTuber夫婦・SimonとMartinaは2017年2月に、初めて東京のメイドカフェを訪れた際の動画を公開しました。

2人が紹介したのは、東京・秋葉原にあるメイドカフェ「@ほぉ~むカフェ(アットホームカフェ)」です。ここでは約180名のメイドが働いており、訪れた客一人一人に丁寧に接客します。

サイモンとマルティナが2人そろってカフェに入ると、メイドカフェの代名詞でもあるかけ声「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様!」が店内に響きます。カラフルな店内とメイドの格好をした店員に、マルティナは大興奮です。しかしサイモンはその雰囲気に圧倒されてしまったようで、少々引き気味になっています。

その後2人はメイドカフェのメニューや食事、サービスなどを紹介します。最後までサイモンは「どうして今僕はここにいるんだ」と、あまり楽しめていなかったようですが、かわいいものが好きなマルティナは大満足といった様子でした。

この動画ではメイドカフェを楽しめる人と楽しめない人の反応をそれぞれ見ることができます。コメントもサイモンの様子をおもしろがるものや「かわいい!」という感想までさまざまでした。この「@ほぉ~むカフェ」は夜の10時まで営業しているので、日本のサブカルチャーが好きな訪日外国人にとっては夜のコンテンツとしても利用できます。

レストラン・カフェのインフルエンサー活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る