タクシーの動画・コンテンツ制作に関するインバウンド事例集

タクシーはどうやって動画・コンテンツ制作をインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、タクシーが動画・コンテンツ制作によってインバウンドで成功する事例が増加しています。このページでは、タクシーの動画・コンテンツ制作のインバウンド対策やインバウンド集客における活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • タクシー×動画・コンテンツ制作事例その①:ミイラが運転!?渋谷の"ハロウィンタクシー"/荷物の多い訪日外国人もゆったり、日産のタクシー専用車PR動画
  • タクシー×動画・コンテンツ制作事例その②:トヨタの新型タクシー「JPN TAXI」の紹介動画/インバウンド増加に伴いタクシーにもユニバーサルデザインが求められる

近年プロモーションの方法として動画・コンテンツ制作がポピュラーになってきています。動画・コンテンツ制作によるインバウンド対策やインバウンド集客のメリットとしては、多くの情報を伝えながらも、顧客のイメージに残りやすいということがあります。伝えたい情報を写真や画像などよりも一度に多く発信できるためその分それぞれのタクシーの色がはっきりと出やすく、工夫を凝らした動画・コンテンツ制作が求められています。

ここでは、タクシーという業界・業種における動画・コンテンツ制作の各社の事例を元にして、効果的な動画・コンテンツ制作を活用したインバウンド対策やインバウンド集客のケーススタディーをしてみます。それでは見ていきましょう。

タクシーの動画・コンテンツ制作に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

ミイラが運転!?渋谷の"ハロウィンタクシー"/荷物の多い訪日外国人もゆったり、日産のタクシー専用車PR動画

RIDE ON HALLOWEEN by NISSAN | モンスターによるモンスターのための無料タクシー!? YouTubeより

RIDE ON HALLOWEEN by NISSAN | モンスターによるモンスターのための無料タクシー!? YouTubeより

日産自動車株式会社は、2015年11月1日にPR動画を公開しました。この動画では、10月29日から31日の午後6~11時に東京・渋谷で日産自動車が運行したハロウィン限定の無料送タクシー「RIDE ON HALLOWEEN by NISSAN」を紹介しています。

ハロウィン期間には仮装した人々でごったがえす渋谷ですが、このタクシーの乗車条件は「仮装していること」です。これは本物のタクシーではなく、乗車は無料ということでした。乗車予約はFacebookのメッセージ機能で受けつけたということです。

この無料タクシーは、車体に「ジャック・オ・ランタン」、「フランケンシュタイン」、「ミイラ」のラッピングが施してあります。そして運転手も仮装しているのがこのタクシーの大きな特徴です。まさに"モンスターによるモンスターのためのタクシー"です。当日はリアルなモンスタードライバーに驚く人々で大盛り上がりとなりました。

このサービスは、日産自動車の唯一のタクシー専用車「NV200タクシー」をアレンジしたものです。「NV200タクシー」はタクシー車としてはゆとりのあるつくりが特徴で、ドアはスライド式を採用しています。近年のインバウンド急増も視野に入れ、荷物の多い訪日外国人などもゆったりと乗ることができます。また、車いすの人も乗ることができるようなスロープ付の「ユニバーサルデザイン車」もラインナップしているということです。

トヨタの新型タクシー「JPN TAXI」の紹介動画/インバウンド増加に伴いタクシーにもユニバーサルデザインが求められる

Toyota JPN Taxi - New Taxi for Japan YouTubeより

Toyota JPN Taxi - New Taxi for Japan YouTubeより

2017年、大手自動車メーカー・トヨタの新型タクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の紹介動画が公開されました。

動画では、「JPN TAXI」が日本の街中や有名観光地などを走る様子を映しながら、「JPN TAXI」の従来のタクシーにはない特徴を紹介しています。

「JPN TAXI」の特徴は、車高が高いこと・スライド式のドアを採用したこと・スロープがついていること・トランクが大きいことです。車高が一般的なタクシーよりも高くつくられていることで、体の大きい訪日外国人などもゆったりと乗ることができます。ドアがスライド式になり、さらにスロープを出すことができるようになったことで、車いすの人も乗ることができます。また、トランクが広くつくられているので、訪日外国人の大きな荷物も収納できます。

また、「JPN TAXI」は車体の色にもこだわっています。日本を象徴する色として認識され、海外からはジャパンブルーと呼ばれてきた、「深藍(こいあい)」という伝統的な色を使用しています。都市にも古い町並みにも溶け込める色ということで、動画でも高層ビルが立ち並ぶ東京と地方の古き良き町並みが見られる観光地の両方を走る様子が紹介されました。

東京五輪に向けて訪日外国人の増加が予想されますが、タクシーの形も、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインになっていっています。

タクシーの動画・コンテンツ制作に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド動画制作」の資料を無料でダウンロードする「インフルエンサー」の資料を無料でダウンロードする「SNS運用」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る