【2019年保存版】インバウンド重要キーワード10選 | 訪日外客数トップ5、あなたは答えられますか?爆買い・ゴールデンルート・免税・春節・コト消費・民泊・JNTO・MICE…基礎から解説

【2019年保存版】インバウンド重要キーワード10選 | 訪日外客数トップ5、あなたは答えられますか?爆買い・ゴールデンルート・免税・春節・コト消費・民泊・JNTO・MICE…基礎から解説

訪日外国人は年々増加傾向にあり、インバウンド需要は高まっています。インバウンドに関するニュースを目にする機会も多くなってきました。

JNTOの最新の報道発表によれば、2019 年 4 月の訪日外客数は前年同月比 0.9%増の292万7,000人となり、昨年2018 年 4 月の290万1,000人を約3万人上回る単月としての過去最高を記録しています。

今回はインバウンドに関する重要キーワードについてまとめました。訪日外国人を集客する際には知っておく必要があるキーワードばかりです。ここでは、一つ一つの重要キーワードを詳しく解説していきます。


2018年の訪日外国人数は3,000万人を突破/消費額も過去最高

▲[訪日外国人客数の推移]:日本政府観光局統計より訪日ラボ作成

日本政府観光局の調査によると、2018年の訪日外国人数は3,119万人と過去最高を記録しました。2011年から8年連続での増加となります。

2020年には東京オリンピックという世界的なイベントがあり、今後も増加していくことが予想されます。

▲[訪日外国人消費額の推移]:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

訪日外国人数の増加に伴い、消費額も年々増加しています。2018年には4.5兆円と過去最高額を記録しました。

しかしながら政府の「2020年までに8兆円」という目標の達成は、このペースだと難しいのが現状です。

東アジアだけで4分の3を占める

2018年 国・地域別訪日外国人数ランキング(JNTOより引用)

1位

中国(838万人)

2位

韓国(753万人)

3位

台湾(475万人)

4位

香港(220万人)

5位

アメリカ(152万人)

国・地域別で見てみると、中国が838万人と最も多く、以下韓国・台湾・香港・アメリカと続きます。

近隣東アジア諸国の中国・韓国・台湾・香港は訪日客数が多く、この4か国・地域だけで全体の4分の3近くを占めています。

東アジア地域からの訪日外国人が多いのにはさまざまな理由が考えられますが、距離が近く短時間で来られるということ、もともと日本政府が東アジアへの観光プロモーションを積極的に行ってきたことなどが考えられます。

インバウンド重要キーワード

上記のデータからもわかるように、インバウンド需要は年々高まっています。需要の高まるインバウンドを理解するためにも、ここで重要キーワードをおさえておきましょう。

1. インバウンド

そもそもインバウンド(inbound)は、日本語だと「本国行き」「帰航の」という意味です。さまざまな業界で異なる意味を持つ単語ですが、観光業界では訪日外国人」や「訪日旅行」を指します。

ニュースや新聞で「インバウンド」が使用されるようになったのは2000年代以降のことです。反対語として、アウトバウンドという言葉もあります。

今さら聞けない「インバウンド」正しく理解できてる?意味・話題の理由・アウトバウンドとの違い・基本のインバウンド対策【観光基礎用語】

この記事では「インバウンド」という言葉を初めて聞いた方に向けて、インバウンドとは何かを一から丁寧に説明しています。現在日本には年間で3,000万人以上の訪日外国人観光客が来ており、空前の「インバウンドブーム」です。まずはインバウンドという言葉の意味や現状に関して、基本的な知識を身につけましょう。インバウンドとは?インバウンドとはどういう意味でしょうか。実は使われている産業によって意味が異なります。ここでは原義に注目するとともに、それぞれの産業での意味を解説します。もともと「インバウンド(i...

2. 爆買い

爆買い」とは、訪日中国人観光客が日本で大量に商品を購入することを表現する言葉です。2014年頃から使われるようになり、2015年にはユーキャン新語・流行語大量に選ばれました。

爆買いの要因としては、「元高・円安」や「日本製品への信頼」などが挙げられます。しかしながら中国の関税引き下げや、中国人の多くが使用している「銀聯カード」の海外使用制限により、爆買い現象は減少していくのと見立てがあります。

爆買いが収束してきているとは事実なのか?各種メディアを比較

最近まで日本のインバウンドビジネスのみならず、一般ニュースでも話題になっていた訪日中国人観光客による「爆買い」。最近のニュースにおいて、その爆買いが収まりつつある、または◯◯年までで終わる、といった報道が多くなってきました。今回は、そんな爆買いについて、各メディアがどのように報じているのかを比較検証していきたいと思います。「爆買い」を改めておさらい爆買いとは、一度に大量に買うことを表し、主に訪日中国人観光客が大量に商品を購買することに用いられ、2014年頃までに定着しました。2015年には...

「爆買い」は本当に終わったのか?新たなトレンド「爆滑り」とは?

「爆買い」とは、主に訪日中国人による一度に大量の商品を購入する行為をいう俗語です。2015年には流行語大賞を受賞するほどの社会現象、注目の的となりましたが、昨今は以前と比べ下火になったとの論調もあり「爆買いは終わった」と言われることもあります。一方で最近でも、ドラッグストアや小売店に足を運べば、そこにはやはり日用品や医薬品を購入する訪日中国人の姿があります。さらに「消費」という点にフォーカスすれば、物品の購入だけでなく、さまざまな体験にお金と時間を費やす訪日中国人も増えています。本編では、...

3. ゴールデンルート

ゴールデンルート」とは、訪日外国人が訪れる日本の観光王道ルートのことを指します。日本の定番観光地を効率よく巡ることができると、特に東京・京都・大阪などを巡るルートが人気です。

ゴールデンルートは訪日観光初心者向けのルートであり、2回目以降の訪日外国人は、ゴールデンルート以外の地方都市にも訪れる傾向があります。アクセスの改善や各自治体のプロモーションにより、現在は目的地にも幅がでています。

今更聞けない「ゴールデンルート」とは/東京〜大阪を巡るインバウンド王道観光ルート・日程例・ルート外地方に誘致する事例は?【インバウンド用語基

多くの訪日外国人観光客が訪れている「ゴールデンルート」。そもそも「ゴールデンルート」とは一体どんなルートを指しているのでしょうか。今回は、インバウンドにおけるゴールデンルートの意味と、ゴールデンルートに含まれる都市を併せてご紹介します。ゴールデンルートとは?「ゴールデンルート」とは、外国人観光客が訪れる日本の王道観光ルートのことです。日本を代表する大都市や観光スポットを網羅しながら効率よく観光巡りができることから、東京、箱根・富士山、京都、大阪を辿るルートは圧倒的な人気を誇ります。ゴールデ...

4. 免税(タックスフリー、デュティフリー)

免税」とは、訪日外国人が購入した品物に対する税が免除されることです。日本国内には様々な税がありますが、訪日外国人に対し発生する税は主に消費課税です。

消費課税の中でも、「消費税」「酒税」「入湯税」「関税」が対象となります。

免税店には、タックスフリーとデューティーフリーの2種類があります。前者は消費税のみの免税、後者は消費税以外の関税、酒税なども免税となります。

免税って何?タックスフリーとデューティーフリーの違いは?訪日外国人に関連する税について調べました[前編]

最近のインバウンド関連ニュースで「免税」というキーワードをよく目にします。読者の方にも海外旅行や海外出張をする時に空港の免税店でのお買い物を楽しみの一つにしている方が多いのではないでしょうか。先日のニュースで、観光庁が、訪日外国人観光客が酒造やワイナリーなどで日本で製造された酒類を購入した場合、酒税を免除する制度を2017年度税制改正要望に盛り込む方針を固めた、との報道がありました。そもそも、「免税」とは「税金を免除すること」の総称であり、この場合の酒税の免除も「免税」と言えます。この「免...

免税って何?タックスフリーとデューティーフリーの違いは?訪日外国人に関連する税について調べました[後編]

前回、訪日外国人観光客の消費活動にかかかわる「税金」について、種類や課税額、またそれらが「免税」になった場合にどうなるか、を解説しました。[前編]でも触れたとおり、「免税」や「免税店」というキーワードがインバウンド関連ニュースを賑わせています。しかしながら「免税店」が「免税」している「税金」とはどの税金なのか、どの「免税店」だとどの「税金」を免税しているのか、については、あまり浸透していない印象を受けます。そこで今回は、この「免税」の制度や「免税店」について解説しようと思います。インバウン...

5. 春節(旧正月)

春節とは、中華圏での旧正月(太陰暦)のことです。日本の正月は太陽暦の正月であるため、日程が異なります。

春節の休み期間は、元旦の前日からの約7日間です。太陰暦により定められているため、日本で通常目にする太陽暦での日程は毎年異なります。

春節期間には海外旅行に行く中国人も多く、この際行先に日本を選ぶ人も少なくありません。2019年の春節期間に日本を訪れた訪日外国人は、前年比で20%増加しています。

今こそ知るべき「春節」旧正月休暇で中国人観光客増

2018年は、日本を訪れる外国人観光客が初めて3000万人を超えました。そのうちの約3割が中国からの観光客です。中国の訪日ビザの緩和により、2019年もさらに多くの中国人観光客が訪れることが期待されています。そんな中国人にとって一年のうちで一番大切な行事が「春節」です。このページでは、日本人になじみのない春節について、中国人にとってどのような意味を持つのか、またインバウンド対策として何ができるのかを解説します。「春節」という言葉しか知らないという方に向けて、1から丁寧に分かりやすく説明しま...

6. コト消費

コト消費とは、体験(コト)を重視した消費のことです。一方で、対義語とされるモノ消費は、商品(モノ)を重視した消費のことを指します。

海外における様々な体験を総称し「コト消費」と呼びます。 コト消費の具体例としては、着付け体験・料理教室・酒造見学などが挙げられます。

昨今のインバウンド市場においては、従来のモノ消費からコト消費へ需要が変化しています。ネット通販の普及により、これまで旅先でしか手に入らなかったようなモノも、自国にいながらにして購入可能となったこともその一因です。こうした環境の変化により、現地でしか体験できないことへの需要が高まっていると言われます。

モノ消費から「コト消費」に変化するインバウンド/理由と対策は?

訪日外国人観光客の数は年々右肩上がりに増加しており、飲食業界や旅行業界など多くの業界でもインバウンド対策をおこなっています。数年前にブームとなった訪日中国人による爆買いは落ち着きをみせ、訪日外国人観光客の消費行動は、「モノ消費」から「コト消費」へと変わりはじめています。そこで今回は、インバウンドの需要が「モノ消費」から「コト消費」へと変化した理由と今後の対策について紹介していきます。コト消費とは?インバウンド市場において、近年注目されるようになった「コト消費」とは、商品やサービスから得られ...


7. 旅マエ・旅ナカ・旅アト

旅マエ・旅ナカ・旅アトとは、訪日旅行を3つの段階に区切った考え方です。

旅マエは、訪日外国人の旅行前にショッピングや観光スポット、宿泊先などを調べる段階のことを指します。期間は、旅行する1か月〜4か月前となります。

旅ナカは、観光地を巡ったり、ショッピングを楽しむなど、旅行中の段階を指します。期間は人によって異なりますが、一般的に3~14日程度です。

旅アトは、訪日外国人が母国へ帰り、旅行の余韻に浸る期間です。期間は、1か月間程度となります。

旅マエ・旅ナカ・旅アト、各段階において適切なアプローチをすることが、インバウンドマーケティングにおいて重要となります。

【旅マエ編】インバウンドで話題の旅マエ・旅ナカ・旅アトを徹底解説

年々、訪日外国人観光客が増えるにつれて、インバウンドビジネスに参画する企業も増えつつあり、それにともない、インバウンド業界におけるマーケティング手法が確立しつつあります。現在、インバウンドマーケティングにおいては、訪日外国人観光客の行動について「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」、すなわち訪日旅行前、訪日旅行中、訪日旅行後にフェーズわけをした上で、それぞれの段階ごとに適切なアプローチをすることが重要となってきています。今回は、その「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」のうち、 「旅マエ」 について徹底解...

【旅ナカ編】インバウンドで話題の旅マエ・旅ナカ・旅アトを徹底解説

年々、訪日外国人観光客が増えるにつれて、インバウンドビジネスに参画する企業も増えつつあり、それにともない、インバウンド業界におけるマーケティング手法が確立しつつあります。現在、インバウンドマーケティングにおいては、訪日外国人観光客の行動について「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」、すなわち訪日旅行前、訪日旅行中、訪日旅行後にフェーズわけをした上で、それぞれの段階ごとに適切なアプローチをすることが重要となってきています。今回は、その「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」のうち、 「旅ナカ」 について徹底解...

【旅アト編】インバウンドで話題の旅マエ・旅ナカ・旅アトを徹底解説

年々、訪日外国人観光客が増えるにつれて、インバウンドビジネスに参画する企業も増えつつあり、それにともない、インバウンド業界におけるマーケティング手法が確立しつつあります。現在、インバウンドマーケティングにおいては、訪日外国人観光客の行動について「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」、すなわち訪日旅行前、訪日旅行中、訪日旅行後にフェーズわけをした上で、それぞれの段階ごとに適切なアプローチをすることが重要となってきています。今回は、その「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」のうち、「 旅アト 」について徹底解...

8. 民泊

民泊とは、「空きスペースに人を泊めて、賃料を得る」活動の総称です。大手民泊仲介サイトAirbnbが日本国内に参入してきたことにより、日本でも広く浸透するようになりました。

それまでは民泊に関する法律がなく「グレーゾーン」と言われていましたが、2018年6月の民泊新法(住宅宿泊事業法)施行により、「最短期間2泊3日以上」や「年間180日」など、細かく規制されるようになりました。

【民泊】もはや個人の小遣い稼ぎじゃない

平成30年6月15日に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、個人経営のグレーゾーン民泊物件が大量に姿を消しました。観光庁がAirbnbを中心とした民泊仲介サイトへ違法物件への予約の取消を通知したため、無許可物件の情報が大量に非公開にされたのです。民泊は終わりかと思いきや、ここにきて大手デベロッパー・不動産サービス業が大手旅行サイトと提携して次々に民泊事業への参入を表明しています。日本の民泊市場のメインプレーヤーは個人から大企業へと様変わりをしそうです。大手企業はなぜこのタイミングに民泊参入...

9. JNTO(日本政府観光局)

JNTOは、「日本政府観光局」のことです。「Japan National Tourism Organization」の略で、正式名称は「独立行政法人国際観光振興機構」です。

主に訪日外国人誘致に取り組んでいる日本の公的機関です。JNTOは海外の主要都市に事務所を設置し、海外へのプロモーションやマーケティングを行っています。

JNTO(日本政府観光局)とは?

外国人観光客の誘致活動やインバウンド対策を行っているJNTO。正式名称は「独立行政法人国際観光振興機構」と言いますが、インバウンド関連の情報を見ていると目にすることも多いかもしれません。しかし、その活動内容はどのようなものなのか分からないという方も多いのはないでしょうか?日本の観光事業を行う機関として「観光庁」がありますが、観光庁とJNTOの違いも曖昧になっていることも多いです。そこで今回は、JNTOがどんな組織なのか、外国人観光客の誘致活動・インバウンド対策について詳しく見ていきます。J...

JNTOの統計とは

インバウンドについて調べる中で必ず目にする名称に「JNTO」があります。この記事ではJNTOについて、インバウンド対策にどのように活用することができる存在なのかについて解説します。JNTOとは?JNTOとは、Japan National Tourism Organizationの略で、独立行政法人国際観光振興機構のことです。通称は日本政府観光局であり、この名称で呼ばれることも多いです。いつ設立?何をしている?東京オリンピックが開催された1964年に設立され、約50年間、主要な市場に海外事務...

10. MICE(Meeting、IncentiveTravel、Conference、Exhibition)

MICEは、Meeting(企業などの会議、研修)・Incentive Travel(企業などが行う会議、研修旅行)・ConferenceまたはConvention(国際会議、学術会議)・ExhibitionまたはEvent(展示会、イベント)の頭文字を合わせた言葉です。

どの催しごとも、少なくない人々が海外から日本を訪れます。こうした来訪により発生する様々な需要を消費につなげることで経済が活性化されます。

MICE インバウンド用語集

インバウンド用語 MICE とは について解説します

重要キーワードをおさえて効果的な対策を

日本政府あげての取り組みもあり、インバウンド需要は年々高まっています。

インバウンド領域に関する重要キーワードをおさえることで、その知識を自社のビジネスに活かすこともできるでしょう。今後一番の商機ともいえるインバウンド市場の基本情報や動向をおさえ、効果的な対策を講じましょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!