レンタカーのWEB・メディアに関するインバウンド事例集

レンタカーはどうやってWEB・メディアをインバウンドに活用すべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、レンタカーがWEB・メディアによってインバウンドで成功する事例が増加しています。このページでは、レンタカーのWEB・メディアのインバウンド対策やインバウンド集客における活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • レンタカー×WEB・メディア事例その①:多言語・WEB上でレンタカーを予約できる「トヨタレンタカー」
    • まず1つ目は、トヨタレンタカーのWEBを活用したインバウンド対策の事例です。
  • レンタカー×WEB・メディア事例その②:訪日外国人向け旅行サイトを活用し、レンタカー利用者を集客するニッポンレンタカー
    • 2つ目はニッポンレンタカー北海道の訪日外国人向け旅行サイト「Tabirai Japan」と連携し、訪日外国人向け専用プランの取り扱いの事例です。
  • レンタカー×WEB・メディア事例その③:多言語対応WEBサイトでインバウンド対策を実施:日産レンタカー
    • 3つ目は日産レンタカーのWEBを活用したインバウンド対策の事例をご紹介いたします。

近年プロモーションの方法としてWEB・メディアがポピュラーになってきています。WEB・メディアによるインバウンド対策やインバウンド集客のメリットとしては、多くの情報を伝えながらも、顧客のイメージに残りやすいということがあります。伝えたい情報を写真や画像などよりも一度に多く発信できるためその分それぞれのレンタカーの色がはっきりと出やすく、工夫を凝らしたWEB・メディアが求められています。

ここでは、レンタカーという業界・業種におけるWEB・メディアの各社の事例を元にして、効果的なWEB・メディアを活用したインバウンド対策やインバウンド集客のケーススタディーをしてみます。それでは見ていきましょう。

レンタカーのWEB・メディア活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする「サイト多言語化ツール」の資料を無料でダウンロードする「サイト改善・コンサルティング」の資料を無料でダウンロードする

多言語・WEB上でレンタカーを予約できる「トヨタレンタカー」

トヨタレンタカー公式WEBサイトより

トヨタレンタカー公式WEBサイトより

近年訪日外国人が訪日旅行中の足として使うことが増えてきたと言われるレンタカーですが、その背景には団体旅行ではなく個人旅行(FIT)が増加してきたことがあると言われています。

こうした個人旅行で訪れる訪日外国人は、空港でWi-Fiをレンタルし、その足でレンタカーをピックアップして旅行先を巡ります。実はこれは欧米諸国では一般的な旅行スタイルで、海外旅行を自分のペースでドライブも含めて楽しみたいと考えるアクティブな観光スタイルであると言えます。

レンタカーの利用率が増えてきている中、各社はどのようなインバウンド対策を行っているのでしょうか。

トヨタレンタカーのWEBサイトを見てみると英語、中国(繁体字)韓国語、タイ語の四カ国語に対応しています。英語版のWEBサイトを見てみると日本語版とは作りが変わり、TOP画面上で予約が完了できる様になっています。

UberやAirbnbのTOP画面のようなデザインとなっており、海外ユーザーを意識したデザインになっていると考えられます。さらに、トリップアドバイザーから評価を得ているということを打ち出しており、欧米豪系のFITに向けて情報を発信しているのではないでしょうか。

さらにWEBサイト下の方を見ていくと動画でトヨタレンタカーのサービスを伝えています。字幕があり、英語がわからない人でもわかるような映像になっています。

このように訪日外国人を意識したデザインが見て取れます。世界で流行しているデザインを取り入れることはインバウンド対策をする上で大切な要素のうちの一つかもしれません。

訪日外国人向け旅行サイトを活用し、レンタカー利用者を集客するニッポンレンタカー

Tabirai Japanより

Tabirai Japanより

訪日外国人の旅行トレンドは、近年モノ消費からコト消費へとシフトしており、観光庁が発表している「訪日外国人消費動向調査」を見ても団体ツアーから個人旅行パッケージへとシフトしていることがうかがえます。こうした流れを受けて、近年 レンタカーを訪日観光で使用する外国人が増加しています。

そんな背景からニッポンレンタカー北海道株式会社は訪日外国人向け旅行サイト「Tabirai Japan」を運営する株式会社パムと共同で提供する訪日外国人向け専用プランの取り扱いを開始しました。

「Tabirai Japan」とは2015年5月にオープンした訪日外国人向けの旅行サイトです。中国語(繁体字)で日本各地の観光情報を発信しており、中国語(繁体字)、英語、韓国語で日本全国のレンタカーの比較・予約ができます。

レンタカー予約の中でニッポンレンタカー北海道株式会社訪日外国人向け専用プランの取り扱いを行っており、訪日外国人から反響を得ています。

このように、訪日外国人が見る観光情報サイトと連携して、レンタカー予約を販売することは、集客手段のうちの1つとして考えられるでしょう。

外国人が集まっているところに情報を発信することで、興味のある人達は反応をしてくれます。北海道は、どうしても移動範囲が広くなります。レンタカーとの相性がとてもいいでしょう。

このように、外国人が集まる所に、適切な情報を配信すると反応が得られ、売上が上がっていきます。

多言語対応WEBサイトでインバウンド対策を実施:日産レンタカー

日産レンタカー公式WEBサイトより

日産レンタカー公式WEBサイトより

訪日外国人の日本国内の交通手段として、一般的に鉄道や新幹線、バスや飛行機などが、頻繁に利用される傾向にあります。しかし、近年では訪日外国人の移動手段の1つとしてレンタカーの利用が増えています。理由としては個人旅行が増えてきたということが挙げられます。

各レンタカー会社はこの需要をしっかりと取っていきたいところ。一体どのような、インバウンド対策を行っているのでしょうか。

日産レンタカーの多言語対応のWEBサイトを見てみると、英語、中国(繁体字)韓国語の3言語に対応しています。

サイトの作りはとてもシンプルです。サイトの上段でレンタカーの予約ができるような作りになっており、サイトの下の部分のバナーには北海道Expresswayという北海道の高速などが安くなれる券の情報を載せています。

他にもサイトの上段では、キャンペーンのお知らせを発信しており、英語版ホームページから予約された方には30%OFFをするということを行っています。

繁体字版のWEBサイトを見てみると、英語版より情報量が多くなっています。国ごとに情報を分けており、発信する内容を工夫していることがうかがえます。

どの国のサイトもシンプルな作りになっており、伝えたい情報をしっかりと伝えているイメージがあります。

このように国ごとに伝える情報が整理されているのはとてもいいのではないでしょうか。

レンタカーのWEB・メディア活用に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする「サイト多言語化ツール」の資料を無料でダウンロードする「サイト改善・コンサルティング」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る