レンタカーの地方誘致・地方創生に関するインバウンド事例集

レンタカーはどうやってインバウンドにおいて地方誘致・地方創生に取り組むべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、レンタカーが地方誘致・地方創生によってインバウンド集客で成功する事例が増加しています。都心部での訪日外国人受け入れのノウハウをそのまま持っていって成功する場合もあれば、地方ならではの特色を活かしたり、個別の取り組みが評価されている事例もあります。

このページでは、レンタカーの地方誘致・地方創生のインバウンド対策やインバウンド集客における活用について、次の3つの事例を取り上げます。

  • レンタカー×地方誘致・地方創生事例その①:走る伝統工芸がコンセプト「AKITAご当地レンタカー」 株式会社ドラグーン

  • レンタカー×地方誘致・地方創生事例その②:舞妓や桜をイメージした「和装レンタカー」が登場 オリックス自動車
  • レンタカー×地方誘致・地方創生事例その③:「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成:交通ルールや北海道の観光情報を提供

地方誘致・地方創生のためのインバウンド集客やインバウンド対策においては、業界・業種やターゲットとする国籍によってかなりその内容が様変わりします。例えば、中国出身の訪日外国人には人気の観光地が、台湾出身の訪日外国人には人気ではなかったり、その消費動向が異なっていたりすることがあります。またこういた訪日外国人の国籍とは関係ない共通の手法が、色々な国からの訪日外国人にしっかりと効果がある場合もあります。

ここでは、レンタカーという業界・業種における地方誘致・地方創生の各社の事例を元にして、効果的な地方誘致・地方創生を活用したインバウンド対策やインバウンド集客のケーススタディーをしてみます。それでは見ていきましょう。

レンタカーの地方誘致・地方創生に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「展示会出展サポート」の資料を無料でダウンロードする

走る伝統工芸がコンセプト「AKITAご当地レンタカー」 株式会社ドラグーン

走る伝統工芸がコンセプト「AKITAご当地レンタカー」 株式会社ドラグーン

走る伝統工芸がコンセプト「AKITAご当地レンタカー」 株式会社ドラグーン

秋田県秋田市の株式会社ドラグーンでは、秋田ならではのご当地感を盛り込んだ「ご当地レンタカー事業」に取り組んでいます。「走る伝統工芸で、寄り道の旅。」というコンセプト通りに、車内は和を感じさせるしっとりとした雰囲気に仕上げられています。

シフトパネルに採用している川連漆器は上品な光沢で高級感を漂わせ、山桜の樹皮を素材とする樺細工を施したウィンドウスイッチが温かみを与えています。草木染めの高級絹織物、秋田八丈の座席となっており、乗る人は肌触りの良さを堪能するでしょう。また、観光情報タブレットを搭載し、気ままなドライブを楽しみながらも、秋田の魅力を十分に味わえるサービスが提供されています。

古い時代から連綿と伝えられてきた伝統工芸とレンタカーを結びつけることで、「贅沢な秋田らしさ」を感じてもらおうとする試みは、訪日外国人にもひと味違う日本文化をアピールできるはず。

舞妓や桜をイメージした「和装レンタカー」が登場 オリックス自動車

舞妓や桜をイメージした「和装レンタカー」が登場 オリックス自動車

舞妓や桜をイメージした「和装レンタカー」が登場 オリックス自動車

オリックス自動車では、インバウンド向け企画商品として「和装レンタカー」の提供を開始しています。外装には「舞妓さんの華やかな着物や帯」「日本の風物詩である美しい桜」といった、外国人に人気のある雅やかな装飾を施し、車内には畳柄のシートを採用するなど、日本情緒にあふれたカーデザインとなっています。

さらに、おもてなしサービスとして、スリッパやブランケット、ドリンクボトルケースのプレゼントもあり、日本の旅行を快適にする心遣いが提供されています。

「和装レンタカー」は関西国際空港の「オリックスレンタカー関西空港店」に10台配備されており、訪日外国人からも高評価を得ているとのこと。

「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成:交通ルールや北海道の観光情報を提供

「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成:交通ルールや北海道の観光情報を提供

「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成:交通ルールや北海道の観光情報を提供

国土交通省北海道運輸局は、「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成しています。「北海道ドライブまるわかりハンドブック」は、北海道をレンタカーで旅行する訪日外国人ドライバーに、安全・安心・快適にドライブ観光を楽しんでもらうことを目的に作成されています。日本語・英語・中国語・韓国語で配信。北海道の観光情報やレンタカー利用時の注意、基本的な交通ルールに関しての情報が掲載されています。

日本の「止まれ」の標識は国際基準と異なり、理解されにくいもの。台湾では、制度上は一時停止の義務はあるものの、見通しがよい場合は一時停止をする車はほとんどいない(踏み切りについても同様。台湾の高速道路では、走行車線・追越車線の区別がない。矢印信号は台湾にはないため、とまどってしまう)」と, 「北海道ドライブまるわかりハンドブック」には書かれています。

一方、香港の項には「日本と同じ左側通行であるが、赤信号でも左折フリーの国である。横断舗装以外では「歩行者優先」というルールはなく、車が優先されます。一般道路の最高時速が70㎞であるためか、北海道をドライブして「スピードが遅すぎる」と感じるドライバーもいる」。この知識を頭に入れておくと、外国客を送り出すときに、ひとことアドバイスを添えることができるのではないでしょうか。

こうした北海道の取り組みは、今後外国客のレンタカー利用が増えるであろう全国各地の関係者にとって貴重な情報源となることが期待されています。

レンタカーの地方誘致・地方創生に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「広告運用」の資料を無料でダウンロードする「展示会出展サポート」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る